こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アメリカ大学に編入?それとも大学院?海外留学について真剣に悩んでいます。

海外留学について真剣に悩んでいます。

こんにちは。私は現在21歳で大学3年生です。ただいま日本の大学の交換留学プログラムを通じてアメリカの大学に1年間留学をしています。その留学もこの5月で終わってしまいます。
そこでこのまま日本の大学を退学してこちらのアメリカの大学に4年次から編入しようか、もしくは日本の大学を卒業後にアメリカの大学院を目指そうか悩んでいます。
日本の大学とアメリカの大学に相談したところ、編入は無理ではないらしいのですが、今まで「交換留学生」としてやって来て、こちらで学んだことを日本に持ち帰る事を期待されている為、日本の大学側はあまり良いアイディアだとは思っていないようです。しかし、今後かかる時間と費用を考えたときに、このまま編入した方が良いのでは、と考えています。

英語力も他の学力もとてもいい具合に伸びてきました。そのため今ここで帰国してどこかの会社に就職してしまうのはとても勿体無いと感じます。アメリカの大学で学ぶことの面白さを見つけました。その情熱をこのまま終えてしまうつもりはありません。
大学院へ行くか、編入してこのアメリカの大学に留まるか。
とても悩んでいます。過去に海外大学、または大学院留学の経験がある方がいらっしゃれば是非アドバイスをください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-02-24 07:59:52

QNo.4744381

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

1)大学に問い合わせた所、私が日本で取った単位をtransferすると私の卒業は通常より半年伸びるであろう、との事でした・・・・・・・・・正式の単位認定認定を受けるまでは、移行単位がどれだけになるかは、分からないのではないかと思います。日本の大学1,2年の単位で、移行できるのは半分程度と考えておいたほうが無難だと思います。

2)奨学金についてはtrandfer studentsにも適用されるようです。
ちなみにこの学校の学費は年間300万と、通常よりも高めです・・・・・・・現在いらっしゃる大学は私立と思いますが、名門大学のTransferの競争倍率は極めて高く、20倍とか30倍になるケースもあります。年によって募集枠が変動しますので要注意です。

3)日本の大学を卒業してからアメリカの大学院に行くとなると、GPAはどのように計られるのですか?(日本の大学はGPA制度がありません)
・・・・・・・・・日本の大学での評価方式は優良可だと思いますが、GPAに置き変えることはやっていると思います。

4)アメリカ大学院進学のプラス面、マイナス面をご存知でしたらどうぞ教えてください・・・・・・・・・・マスターではFinancial Aidが受給できないと思いますので、費用負担を考えるとPh.Dコースにしか行けません。Ph.Dコースに合格するということはイコールFinancial Aid付きということで、無料ということになります。Teaching Assistantなどの業務がついてくるはずです。専攻分野にもよるとは思いますがGraduate Schoolへの留学でMSという選択肢は一般的ではないように思います。そうなると、果たしてPh.Dに進むだけの能力が自分にあるのだろうか?ということが問題になります。合格すれば目出度いことではありますが、後戻りができなくなるのではないでしょうか?

投稿日時 - 2009-02-24 11:22:19

お礼

usaeduさん。ご丁寧なお返事をありがとうございます。
単位認定については本学に相談しどれだけ移行できるのか確認してみます。transfer studentsの募集人数の確認も必要のようですね。GPAについては日本の優良可がGPAに置き換えられることを知り安心しました。
大学院に入るとなるとPh.Dコースに入れるだけの能力が求められるのですね。正直、今の自分にPh.Dコースに行ける能力があるという自信はありません。ましてTeaching Assistantなど自分に出来るか…大学院についてはもう少し考える必要があると思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-25 02:43:41

ANo.3

うちの大学(日本)の場合は交換留学生は「授業終了後2週間以内に帰学届を提出すること」(つまりすぐに帰国して大学に留学終了を報告する)という義務があります(留学期間は1年と決められており、帰国せずに所属大学を中退することは禁止している)。

ふつうどこの大学でも交換留学制度には様々な制限を課していると思う(宣誓書を書かせる)のですが、kami50さんの大学の交換留学制度の制限を詳しく調べてくださいね。特に、交換留学生として所属大学からなんらかの経済的支援(奨学金など)を得ている場合は、必ず義務や制限があるはずです。

また、受け入れ(留学先)大学でも、そう簡単に交換留学生を正規学生として編入させるとは思えないのですが・・・(大学間協定の上での交換制度なので)。
まず交換留学生(exchange student)は、通常の学生とは異なる基準で受け入れているお客様だからです。正規学生(regular student)とは受け入れの基準も、受講可能な授業も分けている大学が多いです。
(ビザはF-1の場合が多いですが、大学によってはJ-1を取らせることもあります)

どなたに編入が可能と言われたか知りませんが、まずは所属大学(日本)の制度を調べ、次に留学先大学のadmission(編入資格があるかどうか、また必要な手順の確認)、留学生課のDSO(留学生担当官)にビザ関係の手続きを確認する、などが先決でしょう。

大学院進学に関しては、他の方の回答の通りです。

投稿日時 - 2009-02-24 09:34:05

お礼

tnk_tkさん、ご返答ありがとうございます。私の大学も1School year終了後に帰国し留学報告をすることが義務付けられています。そのため編入するにせよしないにせよ帰国する事になります。
tnk_tkさんのおっしゃる通り、私の学校にも交換留学生に対する規定があります。国際交流センターの方の話によると、ゼミ教授との面接、奨学金の払い戻しが必要になってくるそうです。
しかし、過去に交換留学から編入した学生の例が無いようで、今後細かいことについては教授会での議論を要するそうです。私の学校は短大も有り、短大背卒後にこのアメリカの大学に編入した学生は多くいるようですが学部から編入した学生の例はないようです。

まずは双方の大学の制度を丹念に調べビザの手続きも確認しようと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-25 02:52:53

ANo.2

usaeduさんがすでに、transferと大学院入学に関して詳しく説明されていますのでその辺は割愛させていただきます。
私は、日本の高校を卒業後、大学、大学院ともにアメリカの大学を卒業しましたので、日本の大学や大学院に関してはあまりよくわかりませんが、アメリカの大学を気にいられたようで大変うれしく感じます。

質問から見たところ、大変あなたにあった大学を選ばれたようですが、こちらの大学に編入するのに本当にそんなにすぐできるのでしょうか?
回答への返信で、大学のほうにお聞きになったようですが、できればもう少し、具体的にどのくらいで入学許可が下りるのか(大学の)また、以前にそのようなことをした学生が要るのかをお調べになったほうがいいかと思われます。
別に大学を信用していないわけではないのですが、編入するとなった場合、大学の入学許可を得てから、それを元に留学生ビザを申請し、、、という手順を踏まなければいけません。
ので、もしかしたら、日本の大学を卒業したほうが早いかもしれません。
また、奨学金に関しても、募集要項をもう一度確認し、確実にもらえるのかどうか、万が一もらえなかった場合どう補うのかというプランを考えることも重要です。
次に大学院ですが、今のアメリカの大学の大学院を希望されているようですね。その場合、まず募集要綱を取り寄せましょう。アメリカの大学院の募集締め切りは比較的早いものが多いです。(今年の9月入学分に関しては、去年12月が締め切りなど)。
また、募集要項に詳しく必要なもの等が載っていると思います。(usaeduさんがあげているものがほとんどです)
GPAに関しては、日本の大学で英語の卒業証明書と成績表をだしてくださいと言えば出してくれるはずです。
それ以外に問題になることといえば推薦状でしょう。
これは修士に行くか博士に行くかで、重みがかわってくるのですが特に博士号過程にいく場合、今の大学の大学院に行くつもりならばその大学の教授から推薦状をもらうのが一番です。
短時間でうまくコネを作れるよう努力するしかないですね。
最後に、私の個人的な意見ですが、アメリカの大学院の修士は学士とあんまり変わらないように思えます。もちろん授業は難しくなりますし、研究等の課題は増えると思いますがそこまで変わりません。
博士はぜんぜん違うと思ってください。博士過程をうまくこなすためには、時に学生のように学び、時に教授のように教えるといった切り替えのきくバランスと、自分で自分を動機付けできる精神が必要です。
プラス面としては私が博士号過程の学生だったとき、ほかの教授が時には学生として教えてくれましたが、普段は一人の科学者として意見、反論等を聞いてくれたので、その環境はすごく好きでした。

投稿日時 - 2009-02-24 09:17:59

補足

rnotk720さん、詳しいアドバイスをありがとうございます。本当に感謝しています。
アメリカの大学の教育制度の高さに圧倒されると同時に大変魅力を感じました。生徒の学習に対する態度にも刺激されます。アメリカの大学は素晴らしいと思います、

rnotk720さんのおっしゃる通り、まずは具体的な編入のプロセスを確認しようと思います。その後ビザの手続きに進んで行こうと思います。
奨学金が確実にもらえるのかもきちんんと確認します。万が一貰えないとなると、費用面でかなり厳しくなるので。

大学院にも興味が有ります。大学院に行くとなると早めに行動を起こす必要があるようですね。"アメリカの大学院の修士は学士とあんまり変わらないように思えます"、とおっしゃいましたが、これは修士号を取りに大学院へ行くのと学部を卒業して学士号をとるのは変わらない。という事でしょうか?
修士号では奨学金が貰いにくいと聞きますが、本当でしょうか?
rnotk720さんが大学院で素晴らしい経験をされた様ですね。大変素晴らしいことだと思います。益々アメリカのhigher educationへの夢が膨らみます。

投稿日時 - 2009-02-25 03:05:54

ANo.1

アメリカの大学にTransferする場合ですが、日本の大学から移行できる単位数と交換留学中に取得した単位数の合計を、いまのアメリカの大学を卒業するために必要な単位数から差し引いた、残りの単位を取るのに必要なターム数だけ在籍することになると思います。
しかしながら、アメリカの大学では通常Juniorに上がるまでにメジャーを申告するのですが、それをしていないと思いますし、そのメジャーの要求する履修科目も充分取っていないと思いますので、アメリカに在籍するべき年数が最低は今年の9月から2年間、場合によってはさらに1年の計3年間ということになる可能性があると思います。

さらに、アメリカの大学はFreshman応募の留学生にしかFinanciaal Aidを出さないところがあります。即ち、Transferの学生にはFinancial Aidを支給しない大学があります。

アメリカの大学院ですが、GRE General、GRE Subject、UndergraduateのGPA(大学によりまちまちですが、恐らく最低でも3.3以上必要)、教授の推薦状、それとUndergraduate在籍中のリサーチの実績、が合否の決め手になるはずですが、どれもが中途半端になり、不合格になる恐れは多分にあると思います。

投稿日時 - 2009-02-24 08:19:39

補足

usaeduさん。アドバイスをどうもありがとうございます。
大学に問い合わせた所、私が日本で取った単位をtransferすると私の卒業は通常より半年伸びるであろう、との事でした。
奨学金についてはtrandfer studentsにも適用されるようです。
ちなみにこの学校の学費は年間300万と、通常よりも高めです。しかし授業内容や環境は抜群に良いです。

日本の大学を卒業してからアメリカの大学院に行くとなると、GPAはどのように計られるのですか?(日本の大学はGPA制度がありません)
またアメリカ大学院進学のプラス面、マイナス面をご存知でしたらどうぞ教えてください。
編入か大学院か、中々決められずにいます。

投稿日時 - 2009-02-24 08:26:03