こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

配偶者控除について

私の妻ですが、去年、生命保険が満期になったので年金方式で保険金を受け取ることにしました。第1回目の支払のあとに年金支払証明書が送られてきました。
それには「年金額 1,521,900円 必要経費 1,232,739円 雑所得金額 289,161円
源泉徴収税額 29,523円」 と書かれています。
あと妻の収入には公的年金 875,988円 あります。以上がすべての収入です。
私は会社勤務をしており年収は300万ほどです。配偶者控除を受けることができるのかどうか、どなたかご存知の方、お教えください。よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2017-02-10 14:22:45

QNo.9292215

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

奥様の年齢が不明ですが、公的年金等控除額が、65歳未満であれば70万円、65歳以上であれば120万円あります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

したがって、65歳未満だとすると公的年金所得は175,988円です。
それに生命保険による雑所得289,161円を足すと、465,149円となり、配偶者控除は受けられませんが、配偶者特別控除を受けられます。

65歳以上の場合は、公的年金所得は0円となり生命保険による雑所得だけですので、配偶者控除が受けられます。

なお、年齢によらず、奥様も確定申告すれば、源泉徴収された税金が還付されます。(65歳未満の場合は一部)

投稿日時 - 2017-02-10 14:47:09

お礼

解かりやすい説明で有難うございました。
年齢は二人とも69歳です。

投稿日時 - 2017-02-14 14:32:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)