こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

就職困難者の失業手当について教えてください。

障害者手帳を持っている心身に障害のある人は、それ以外の人よりも長い期間失業給付を受給できるとのことですが、これが適用されるのは障害者だとオープンで入社した場合だけですか?もしクローズで入社した後「実は入社前から障害者手帳を持っていて、体調不良で退職したい」というケースでは、就職困難者の失業手当は出ないのでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-03-11 17:54:11

QNo.9303918

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

いいえ。まったく大丈夫です。
障害をオープンにして入社したのか、それともクローズで入社したのかを問わず、雇用保険法施行規則第32条に列挙されている就職困難者の範囲に該当すれば、失業等給付としての基本手当(失業手当という言い方は誤りで、正しくは基本手当という)の所定給付日数が優遇されます。
要は、障害者として就職困難者に該当していれば足ります。

過去回答で詳述済(給付日数についても)です。
たいへんお手数かとは思いますが、ぜひ下記のURLをごらん下さい。

http://okwave.jp/qa/q4647876.html
 

投稿日時 - 2017-03-13 20:59:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

社会保険労務士の楚山です。

一般の方の回答を追認するような形になりますが、入社時点で会社側に障害の有無をオープンにせよクローズにせよ、それだけで就職困難者の認定は左右されません。

投稿日時 - 2017-03-25 23:06:35

ANo.2

就職困難者の認定については、障害者手帳の有無によって決まるので、障害者である事実をオープンにしようがしまいが関係ありません。

また、採用時に障害者枠で採用されていれば必ず障害者で有ることを明らかにしているわけですが、そうでなければ仕事に支障がなければ障害者であることを会社に通知する義務はありませんし、隠していたからと言ってペナルティもありません。
事実、ペースメーカーを入れている人も障害者手帳を持っていますが、デスクワークなら仕事に支障はないし見た目もわからないので、会社に告知していない人は沢山います。

ただし、会社にとっては障害者の法定雇用率(2.0%)を満たす必要があるので、告知してもらった方がありがたいのは確かですが。

投稿日時 - 2017-03-11 23:55:55

ANo.1

そもそも失業給付を支払うのも、決定するのも会社ではありません、クローズで入社とは関係ないはずです、ただし、虚偽の記載で入社したという事になります、身障者ならそれなりに国から給料に対しての助成金が会社から出ますから。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shisaku/jigyounushi/intro-joseikin.html
また障害状況により、仕事を調整をする義務があるので、それを行わなかったという問題になる可能性さえあります。

投稿日時 - 2017-03-11 18:15:25