こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

分散投資

国民年金基金に入っていますが支払いはしていない状態です。40近いので個人年金に入ろうと思い以前質問させていただだき確定拠出年金に申し込もうかと思っていますが、国民年金基金にも支払いを続けるってことはありなんでしょうか?それとも国民年金基金に支払うならその分を確定拠出年金に加えたほうがいいんでしょうか?分散投資は意味がないのかというのが今回の質問です。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-03-19 09:15:04

QNo.9306883

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

掛金は国民年金基金と確定拠出年金と併せて6万8000円まで
国民年金基金は物価スライド方式ではないため、インフレに弱い
国民年金基金は自分で運用方法を決められない
国民年金基金には信用リスクがある
国民年金基金と確定拠出年金は税制で優遇される

といった特徴があります。
詳しくは、こちらのページでまとめてあります。
https://financy.net/archives/1858
https://financy.net/archives/874

参考URL:https://financy.net/

投稿日時 - 2017-03-20 17:35:45

ANo.2

国民年金基金は、65歳以降死ぬまで決まった額の年金がもらえ、長生きすればするほど高い利回りを実現するというメリットがある反面、確定拠出年金のように一時金として受け取ることはできませんから、病気にかかって長生きできなそうだったり、何らかの理由でまとまった資金が必要になったりしたとき、役に立たないというデメリットもあります。未来はわかりませんから、いろんな場合に備えて両方加入するという選択は、ありだと思います。

投稿日時 - 2017-03-19 17:19:32

ANo.1

 
分散投資と書かれてますが、何を分散したいのですか?
リスクの分散ですか?
年金基金は倒産リスクはないでしょう、国が保証します。
一方で民間が作った確定拠出年金には民間組織の解散リスクがあります、解散しても資金は保全されますが、手続きの間は資金が凍結される恐れがあります。

運用の違いによる将来の受け取り金額の差を気にしてるなら、確定拠出年金は貴方の采配で決まります、運用方法を間違えば年金基金より受け取り金額が減る可能性はあります。
 

投稿日時 - 2017-03-19 10:44:28