こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

映画のイントネーション

「映画を見に行く」の映画の標準語のイントネーションは「栄華」ですか?「壁画」ですか?

投稿日時 - 2017-03-20 15:11:57

QNo.9307404

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは

どちらも違います。

映画を見に行く の映画は平板

栄華は頭にアクセント壁画も同じです。

アクセント辞典があるので手に入れればわかります。

投稿日時 - 2017-03-20 15:21:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
のページに、
イントネーション、音調、抑揚とか
「イントネーションとは」別の「アクセント」(声調)のこともありますが、
此処で貴方が仰っているイントネーションは、本当に「アクセント」のことではないのですね?

投稿日時 - 2017-03-20 17:07:58

ANo.3

「映画」 という語のアクセントは 「栄華」 と同じ。[エーガ] の [エー] の部分にアクセント。

「壁画」 という語のアクセントは [ヘキガ] の [キガ] の部分にアクセント。

角川書店 『角川 国語辞典』 (1977) を参照しました。

投稿日時 - 2017-03-20 15:47:21

ANo.2

 金田一春彦監修の『日本語アクセント辞典』では、「映画」も「栄華」も「エ」が高く、「イ」が下がっています。映画には下がらない新しいアクセントもある、となっています。

 壁画は、映画の新しいアクセント型と同じ平板で、下がる所がありません。言い変えれば平板化は、「映画」では起こりつつあるが、栄華では起こっていないということのようです。

 要するに「映画」のアクセントは、」頭高型から平板型に移行中で「揺れ」があるのだと思います。

 アクセントは年中変わっています。明治生まれの山田耕筰の歌は、当時のアクセントを反映して「赤とんぼ」は頭高でしたが、今はカとトだけが高い中高型になっています。

投稿日時 - 2017-03-20 15:44:11