こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

五百塵点劫の時間は、本当にたとえ話か?

釈迦の経典には、多くの数の単位が記されています。
那由多阿僧祇劫、五百塵点劫など。

検索すると大体「とても長い時間をあらわす例え」
という内容の解説が出てきます。

これ… 本当に「例え話」(例え時間)なのでしょうか。

五百塵点劫に限った事ではないのですが
本当にタダのたとえ話だとしたら、どうしてこんなに数の単位を各種の経典にて「具体的に」述べ続けたのでしょうか。
昔のインド人だって、目が点になるような単位でしょう。
それこそ、現代の日本語訳と同様に「はるか昔に」「久遠の昔に」と
当時のインドの言葉で表現すれば、それで十分だったのではないかと思うのです。

そこをわざわざ、五百塵点劫などと気の遠くなる数を重ねて表現するのは
古代の天文学のように、なにか確たる実測(理論的実測)に基づいて
釈迦が表現していたのだろうかと考えてしまいます。

末法思想の正像末の説明とか、五の五百歳とか
その辺りの時間・年数の数え方が 内容と共に割と現実的な事もあって
「五百塵点劫=(長い時間の)例え」という多くの解説に疑問を感じます。

なんとなく・・ 
地球や太陽系さえ生まれる前の話になりそうな気がするので
(下手するとビッグバンまで遡る?w)
理論的とはいえ、実測を考える方がおかしいのかもしれませんが…。

多少、オカルティックに傾いても構わないんで
「釈迦の言う経典上の時間単位について」考えた事のある方の意見を聞かせて下さい。

オチがまさか、
インドは0の概念を見つけた国だったから
数遊びと言葉遊びを掛けて、難解な経典読解の合間に
当時の僧侶という名の学者たちが息抜きとして遊んでいた… とかだったら脱力しそうw
釈迦の言葉を文字(書物)に編纂したのは後世の僧侶たちだと言うし…
頭の良い人たちは、凡人には考え付かない遊び方をしそうな気もする・・w

(明日から1週間ほど忙しくなるので、
頂きました回答の確認は遅れますが、必ず御礼します。
m(_ _)m  よろしくお願いします。)

投稿日時 - 2017-03-20 20:06:48

QNo.9307499

暇なときに回答ください

回答(0)

この質問にはまだ回答がついていません。
あなたが最初に回答してみませんか?