こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ピレスノイドの効果

殺虫剤成分のピレスノイドは
虫にとって猛毒ですが
爬虫類(ヘビやトカゲ等)にも
猛毒ですか?

投稿日時 - 2017-05-20 01:21:32

QNo.9331298

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ANo1です。

勿論、爬虫類の体長(蛇は小さくても長い)というか体の大きさ(体重)によっても神経毒であるピレスロイドの致死量は違ってくるでしょうね。

この辺りは、昆虫に対しても同じで蚊や蠅のような小さな昆虫には即効的に効いて死に至らしめますが、かぶと虫のような大きめな昆虫に対しては蚊や蠅のような即効的に死に至らしめるほどの効き目がないのと同じです。

投稿日時 - 2017-05-22 12:32:17

お礼

再回答
有難うございました!

返事が遅くなって
すみません!

よくわかりました!
有難うございます!
m(__)m

投稿日時 - 2017-05-25 07:15:19

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

こんにちは。

殺虫剤に含まれるピレスロイドは神経毒の一種で体温を持つ恒温動物の哺乳類と鳥類は解毒作用あるため猛毒ではありませんが、体温を持たない魚類・両生類・爬虫類は解毒することが出来ないので猛毒になります。

ですから、爬虫類をペットに飼ってるような所ではピレスロイドを含んだ殺虫剤は使えないです。

投稿日時 - 2017-05-20 07:15:22

お礼

回答
有難うございました!

解毒するには体温が
関係するんですね~♪
爬虫類にも効果あるって言っても
体長の大きさで
また変わってきますよね~

投稿日時 - 2017-05-22 11:40:14