こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

名奉行の裁きについて(東京都)編

昔お江戸に、ケチな江戸っ子さん(A)がいた。まぁ今でも江戸っ子さんはケチなのだが。そしてその江戸っ子さんは、
「ウナギが食いてぇなー」ということで、金がないからウナギ屋の前に行き、自前の白御飯をウナギを焼くニオイをおかずにして毎日食べた。

ウナギ屋の主人(B)は怒った。この主人も江戸っ子さんで、
「ニオイにも金を払え」と言うのだ。今も昔も江戸っ子さんの(がめつさ)には変化がない。金の亡者である。
それを解決すべく、お奉行さまが審判をくだした。
「AはBに金を払え。ただし金のニオイだけ」めでたしめでたし・・・

焼肉屋の換気口からは、食欲をそそるニオイがする。さぞやビールも進むだろう。それを換気口の前で江戸っ子さんたちが集まって、自前の発泡酒を飲みだしたら、不気味がって客が入りにくくなる。店の被害は、死活問題レベルなのだ。

どうして江戸っ子さんは、金のニオイに目がないのか?ココロ(東京都知事のババァの素顔を見て、ヘドを吐いた覚えがある)な、ババァでも抱ける私に、誰か教えてください。
https://www.youtube.com/watch?v=tJWM5FmZyqU

投稿日時 - 2017-05-20 01:30:22

QNo.9331302

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

流石、マスターhekiさん、金だけに大阪人の真似(money)だなんてウマイ。
東京都は今、ウナギよりも、どじょう問題じゃないかな?
でも、東京オリンピックの建設費の減額に比べたら、大阪の籠池さんの8億ディスカウントや保育士の水増し請求なんて可愛いものかもね。

投稿日時 - 2017-05-21 06:55:46

ANo.2

金のがめつさはどこも同じ・・・

昔は匂いには金の匂いだけで良かったが
今は路上を占有するとまた別の問題が・・・
かといって、店の敷地を占有すると、それはそれで問題が出るのが現代です。

また、出すぎる匂いや煙も度が過ぎれば問題になるので
名奉行の裁きも今は役に立たない・・・
そんな世知辛い時代なのです。

投稿日時 - 2017-05-20 16:31:09

ANo.1

どうして江戸っ子さんは、金のニオイに目がないのか?
 ↑
上方の、特に大阪人の真似をしているだけだと
思います。

大阪人に比べたら、まだまだですが。

大阪人が金を奪って逃げた。
奪われた被害者は慌てる風でもなく、手持ちの
小銭を落として、チャリン、という音を出す。

その音を耳にした大阪人は、慌てて引き返し、
見事御用になりました。




ババァでも抱ける私
  ↑
キャスター時は、結構キレイでしたよ。

投稿日時 - 2017-05-20 08:18:26