こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

確定申告の修正です。政党等寄附金等特別控除について

国税庁のHPで確定申告の更正を行います。寄付金を入力すると政党等寄附金等特別控除に記載されます(税額控除に振り分けられる)。控除額は8000円でした。そこまではいいのですが、申告漏れだった配偶者控除(380000円)や社会保険料控除(290000円)を入力するたびに、この額が、3400円になったり、700円になったり、寄付金の控除額が減額されます。
 なぜ、所得の控除が増えると、ここが減っていくのか分かりません。どういう仕組みになっているのでしょうか。

投稿日時 - 2017-06-19 17:06:11

QNo.9342901

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1260.htm
政党等寄附金等特別控除については、上記サイトの記事にありますように、税額控除の額は、
 (寄付金額-2,000円)×30%
として求められます。
ただし、注書きにありますように、その年分の所得税額の25%が限度となります。

つまり、質問者さんの場合、申告漏れだった配偶者控除や社会保険料控除を追加すると、所得税額が減少していき、上記の25%制限に引っかかったと思われます。そして、最終的には所得税額は、数千円程度になったものと思われます。

例えば、最終的に寄付金控除額が700円になったのであれば、その時の所得税額は、700円÷25%=2,800円であり、税額控除で、2,800-700=2,100円になったということでしょう。(実際には、復興特別所得税も考慮)

参考URL:https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1260.htm

投稿日時 - 2017-06-19 18:07:07

お礼

さきほど、お礼コメントを送信したのですが、どこに行ったのか、反映されておりません。再度、お礼します。
大変よくわかりました。ありがとうございました。この件で税務署に更正の相談に行きましたら、「申告漏れの寄付金を追加したら、控除額が減るのはおかしいでしょう」と、私に問題があるかのように言われまして、私も不思議だなあと思いまして。所得税額が下がれば控除額も呼応して下がるのだと言われて、納得できました。

投稿日時 - 2017-06-19 21:26:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)