こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

園児のいじめについて

年長の息子がいます。昨日、友達に口元を蹴られ出血しました。プールのお着替え中のことで息子は何もしていないそうです。
先日はまた違う子に粘土を口に入れられたそうで、これもいきなりでしたと先生に言われました。
昨日のは流血したこともあり双方の親に連絡があり、加害者の親から連絡がありました。
何故か息子とじゃれていてそうなった話になっていました。確かに蹴られた時、別のお友達と加害者の子がじゃれていたようですが、息子は何もしてません。私から違いますよ、というのも違うと思い、私からは何も言っていません。
今朝先生と色々話しました。何もしてない子に先生が見てないところで怪我をするほど危害を加えるなんていじめなのではと心配していることを伝えました。相手の親も誤解してうけとっているようで、それは正しく伝えていただきたかったですと・・
粘土の件も怪我さえしていないものの、アレルギーのあるものだったらまた対応が違うのか、(相手の親からも謝罪なしです)心の傷は考慮していただきたいことなど溜まっていたものを伝えました。
気になるのは、それでも息子は危害を加えた子が好きだといいます。普通いきなりそんなことされたら嫌になると思うのですが、先生にも息子の心の中がどうなっているのかさえわからなく不安ですと伝えました。
息子はとにかく優しく、泣いている子に声をかけたり喧嘩も第三者になればダメだよと相手に伝えて喧嘩をやめさせたりできる子のようなのですが、いつ豹変してしまうのかと怖くなります。これ以上のいじめに発展していくのもとても怖いです。
やられてもやり返せないため、息子は弱い、すぐ手が出る友達は強いとみんな思っているようです。息子は弱い弱いと言われていますが、私は困っている子を助けたりできる子が本当に強い子なんだよと教えています。強い、弱いとはどういうことなのかも話していただけないでしょうかと伝えました。
先生は24歳で初めて年長の担任をもってみえます。去年年中のときも同じ先生で持ち上がりで担任です。
頭が空っぽ、足が遅い(わりと早いです)、アホなど、言葉の暴力が多いため、このまま小学生になりそういう子はもっと悪くなってしまうのでしょうか・・
息子の行く先も心配です。
先輩のお母さま方、アドバイスをください。

投稿日時 - 2017-07-13 11:57:26

QNo.9351420

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

回答NO.1の者です。
>今回の件、そもそも加害者と被害者で言ってることが違っていて。。息子はAくん(加害者)は蹴るとき一人でいた(お友達と遊んでなかった)、いきなり真正面にきて口を蹴ったといっています。Aくんは友達とじゃれていてそうなってしまったといっています。先生は見ていなかったようで双方に話を聞いたようでしたが、なぜかここで先生がA君側の主張のみを聞き取って双方の親に報告していたことは気になりました。

↑時折見られる事例ですね。だいたいこういう時は周囲の友達が見ていて話してもらえるものなんですけど…先生への不信感、お察しいたします。


>実名は出さない方針のようで、じゃれていたとされる友達のことも「お友達」、被害を受けた息子のことも「お友達」。Aくんの親からすれば同じ子と思ったのかもしれません。ちなみに先生もじゃれていたお友達を誰か把握されていませんでした。私に連絡があったときも、お友達2人がじゃれていたらお友達の足が息子の口にあたって・・という感じでしたが、被害者側のため、まだ理解はできました。

↑うちでは怪我の場合は実名も出しますが…これが園としての方針であれば、先生としては説明の仕方が難しかったでしょうが、「一緒に遊んでいなかった別のお友達」とでも言えばわかりやすかったんですがね…^^;

>先生には、Aくんの主張が正しいのであれば事故なので仕方ないと思います、息子の主張が正しければそれは問題だと思いますが、これでおさまってくれたらと思いますとお帳面に書きました。

↑とても良い書き方だと思います。
気にしていることは伝え、今後無いように釘を刺しつつ、今回に関してはこれで結構!というお母様の意思がよく汲み取れます。よほどアレな園じゃなければ何か対応されることと思います(主任がクラスに定期的に様子を見に来るなど)


>昨日はまた違う友達に何度もバカと言われる、やめてといってもやめてくれないと言いました。何故言われるとおもう?と聞くと、俺はぶん殴れないから、だから弱いとの回答でした。気は本当に優しく、園でもそう言われます。(2つ下に妹がいますが、泣かせたことが殆どありません)

↑まずはお子様に先生にちゃんとやめて欲しいことを伝えることが大事です。昨日回答させていただいた内容、改めて見返してみましたが、あまりにもうちの園の世界でしか語っていないなあ…と自己反省いたしました。
スイミング教室の引率に行った際、別の幼稚園の子と着替えが重なることがあるのですが、他所は(偏見かもですが、特に幼稚園男子は)かなり口が悪く、かつ黙認している先生もいました。それこそ「バカ」等日常会話の如く飛び交ったりもします。その環境に今回のケースを当てはめて再度考えてみましたが、この場合問題点は「ほぼ必ず対象が同じ子(今回で言えば息子さん)」なのか「乱暴な子はある程度誰にでも乱暴で、暴言もいろんな人に吐いているのか」かと思います。ここで質問タイトル通りの「いじめ」かどうかが今後のスポットになりそうですね。

>何故こんなに息子ばかり標的にされるのか、息子には非がないのでしょうか?と改めて聞きました。

↑他の子にも乱暴なのかどうか、気になるところですが、おそらく加害者側のお子さんも考慮してそこまで教えてはくれないと思います。質問者さんのお子様は「いつも俺だけなにかされる」と言ってますか?他の子にはどうでしょうか?

誰にでも乱暴な子の場合は、逐一園に言って、よく見てもらうしか在園中は方法がなさそうですが…

ともかく、日々の様子は(真剣にではなく世間話のような感じで)お子様とよく話をされてくださいね。いよいよ「行きたくない」「もう嫌だ」と言い出した場合は、もっと強めに出たり園長主任と直接話すなどの対策をされてください。
あと、息子さんの話す内容は日付と内容をメモしておき、いざ上と話すときの材料にしてくださいね。(園側の対応や言われたことも残しておくとよいかと思います)

投稿日時 - 2017-07-20 09:35:21

突き放す言い方になってしまいます。
虐める側から虐められる側になった母親とこんだんしたことも有ります。
「虐められている」といくら言っても、問題解決にはなりません。
お稽古事などを通して、上手く付き合う術を学ばせる必要を感じませんか?
我が子は、小学校で剣道、中学校で柔道、その後は柔道と合気道を自分たちで学んだようです。
今は、2人で10段を超えました。
一時、登校拒否も起こしたのです。
道場やお稽古の場では、厳しい𠮟る言葉も浴びせられます。
しかし、浴びせるばかりでなくしっかりホローもしてくれます。
>頭が空っぽ、足が遅い(わりと早いです)、アホなど、言葉の暴力が多いため、このまま小学生になりそういう子はもっと悪くなってしまうのでしょうか・・
※アグレッシブに生きましょう。
削れる物は削って、塾や道場に通わせるのです。
小学校が分かれ目だと思います。
虐められるより、虐める側に廻って、「弱い子には手を差し伸べる」ことができる子に育てませんか?
以前は、一番怖いのは先生だったのです。
今は、何もしないのが先生です。
何かしたら、左遷か免職です。
耐えて、上に立つことだけが、子どもの未来を明るくするのです。
弱くてドジな子に手を差し伸べる、かつての漫画の主人公のような先生や子どもは本当に少ないのです。
犬猫を乳母車に乗せる輩は、人にも優しいとはおもいません。
子どもと走り、キャッチボールやキックをし、
レスリングをするのです。
モタモタする子は「虐められている」と見える対応をされます。
基本的な身のこなしができるようになれば、空気も早く読めるようになります。
疲れても、夜は道場へ送り迎えをしました。
親子のレスリングでもすることで、体や腕のこなし方を覚え、いじめっ子とぶつかっても、気持ちが乱れることも少なく、適切な言葉でより強い衝突を避けられると承知します。
子どもと親は、一緒に育つのです。
町一番のレスラー(柔道家)になる必要はありません。
対人関係を考えられるだけでも、充分です。
と、思います。

投稿日時 - 2017-07-14 22:50:29

ANo.2

あざができたり血が出ても本人があっけらかんとしていたら、それは構わないと思います。逆に全く外傷がなくとも落ち込んで泣いていたら気がかりです。

つまり親が感じる部分と子供本人とは違うのです。強い子もいますし弱い子もいます。我慢の程度も違います。

お母さん、あのね、園であったことを話してくれるなら「そんなことないでしょ」と否定せずに子供がどう感じたのか聞いてあげたら見えてきます。いじめられている場合は話さなくなります。

「この怪我どうしたの?」で本人がいう言葉よりそう話すときの顔をみて判断できないでしょうか。

また親が過剰反応すると、それに子供は合わせて生活そのものが変わります。ばい菌が汚い、アレルギーが危ない、家庭問題のある子と付き合うな、など過剰な親を見てきました。

けがが治ったらとりあえず様子見で静観したらいいと思います。お先真っ暗と先を悲観するとそれが子供に呪いのように縛りを与えますので、親はゆっくり構えていたらいいんじゃないでしょうか。

子供二人のいじめ被害などを経験した母親より。

投稿日時 - 2017-07-13 14:35:57

ANo.1

保育士で働いており、さらに5歳と3歳の娘がいます。
根本的なことを申しますと、実際に現場や子供たちの様子を見ていないと何も断定することができませんが、実体験といろんなケースをご紹介させていただければと思います。

※意見の中にはとても賛同できないものもあるでしょうし、不快な思いをされるかもしれませんが、あくまで個人的な意見と「こういうケースもある」という事例なので、なにとぞご了承ください。

・まず、加害者と被害者で先生の説明していることが違うのはおかしいですね。これは完全に園側の過失です。素直に謝罪する案件ですね。

・>気になるのは、それでも息子は危害を加えた子が好きだといいます。普通いきなりそんなことされたら嫌になると思うのですが、先生にも息子の心の中がどうなっているのかさえわからなく不安ですと伝えました。

↑に関しましては、結構あるあるです。しょっちゅうトラブル(一方的なものも含め)があるから、別の子と遊べばいいのに…と毎度思っていても、不思議とその子と(特に被害者側の方が)遊びたがります。何だかんだ楽しいこともたくさんあるのでしょうね。ですので、これに関しましては心配いらないと思われます。

・>何故か息子とじゃれていてそうなった話になっていました。確かに蹴られた時、別のお友達と加害者の子がじゃれていたようですが、息子は何もしてません。

↑こちらですが、推測ですが
別の友達と加害者の子がじゃれて遊んでいる→足を上げた拍子に誤って、たまたま近くにいたお子様に当たってしまった
…ということである可能性はありませんか?
だとするならば、これは故意に傷つけたわけではありませんので、悪意を持った「いじめ」というより「事故」ということになりますね^^;
粘土の件も、過去の実際にあったケースでは、「ハサミで友達の髪を切った」という事例がありました。これは悪意でも何でもなく、純粋に好奇心で「やってみたかった」なんですよね…自分の髪でしなさいって感じなのですが(笑)
内容は違えど、このような好奇心や何気なくさらっと大人がびっくりしちゃうようなことをしでかす子供がいます。でもこれも悪意はないんですよね…

質問者様がどこからを「いじめ」と捉えられるかで話は変わってくるのですが、仮に上記のような事例であれば、加害者は当然叱ります、被害者には園から謝罪しますが、園としては「いじめ」とは認識し辛いですね。


・>やられてもやり返せないため、息子は弱い、すぐ手が出る友達は強いとみんな思っているようです。息子は弱い弱いと言われていますが、私は困っている子を助けたりできる子が本当に強い子なんだよと教えています。強い、弱いとはどういうことなのかも話していただけないでしょうかと伝えました。

↑ですが、「参考程度」に一つ事例を…
体が小さく運動も苦手、先生の話も他の子より理解に時間のかかる子がいました。お母さんは心配症でなにかあればすぐに連絡帳等に記入してくるような方でした。ですが、お母さんの中でのその子は「気が弱くて他の子より幼いから意地悪をされている」という認識でしたが、園の職員から見ればそれはとんでもない誤解でした。
確かに体は小さくて理解も遅い子でしたが、遊びの時は他の子に強く当たったり、文句を言ったりと我が強く、結果やり返されたことを母親には上手いこと自分は何もしていない、相手に意地悪された、と伝えていました。

…もちろん質問者様のお子様がそうだとは言っておりません。純粋に被害者体質な子どももたくさん居ます。

が、お子様を預かる側からの意見としては、「子どもを信じてる」はとても大事なことです。ですが、「家と園での子どもの様子は別人になる子どもがいる」「子どもも自分に都合が悪ければ良いように話を改ざんすることぐらいできる」ということを理解しておいて欲しい、その上で園や友達、保護者などに確認を取るときは慎重に行って欲しいということです。ドラマでよくある、「うちの子に限って…」というやつですね。「でももしかしたら…」も頭の小さな片隅に置いておいていただきたいと思います。

話が少し逸れましたが、本当に大人しいお子様が、すぐ手が出る子どもに狙われているのだとすれば、それは園の、職員の怠慢です。というか、そもそも「すぐ手が出る」を年長まで何もせずに見守っていた(障がいも持っている等の事情でなければ)のであれば、それはもう園として何もしていないのと同じなので、今すぐ転園をしなければなりません。園によって方針は様々ですが、今の時代「事情があれば友達を殴ってもOK!」なんて方針を打ち出す世紀末な園は存在していないはずです。
正直幼児期のいじめなど、大人が見れば一目瞭然のはずなので、ここで見逃すのは資格持ちとは言えません。

そういう意味では、今回の件はお母様の心配しすぎであれば、双方(園も家庭も)安心できるので良いのですが…^^;

ちなみに標的にされていたりするわけじゃないのに、同じ子が集中してケガをさせられる(相手も悪意なく純粋な事故です)ことが3日ぐらい続いたことがありました。その時はさすがに「いじめだと誤解されてもしょうがないよなぁ…」と思いました。ちゃんと事情は細かに説明しますが、なにせ親御様からしてみれば、園での生活は全く見えませんからね…

・口が悪い子に関しては、卒園児とたまに会いますが、治りません。小学生になれば更に無法地帯です。いわゆる「クソガキ」になります。
なりますが、それも小5ぐらいになれば途端に大人しくなります。急に敬語なんか使い始めて、こっちがムズムズしてくるぐらいです。
結局園でどんなに躾けても、家庭での教育が一番反映されますし、しっかりした家庭でも、友達がそういう育ちだと影響を受けてしまいます。これは覚悟しておいてください。でもいずれ落ち着くので気長に待ちましょう。あまり神経質になると逆に反抗されますので^^;

大変長くなりましたが、幼児期のことですし、息子さんがその子を嫌ったり園に行きたくないと泣いたりしていないこと等を考えると、もう少し様子を見られてもいいのではないかと思いました。
近いうちにこんなことが続くようであれば、もっと疑ってよいかと思いますが、現状、質問者様の思いは園に伝えておられるようですし、しばらくはお子様に1日の感想を聞く程度にして、静観されてみてください。

長文、乱文失礼いたしました。

投稿日時 - 2017-07-13 13:36:11

補足

長くコメントをいただいてありがとうございます。保育士さんということで何度も読ませていただきました。
今回の件、そもそも加害者と被害者で言ってることが違っていて。。息子はAくん(加害者)は蹴るとき一人でいた(お友達と遊んでなかった)、いきなり真正面にきて口を蹴ったといっています。Aくんは友達とじゃれていてそうなってしまったといっています。
先生は見ていなかったようで双方に話を聞いたようでしたが、なぜかここで先生がA君側の主張のみを聞き取って双方の親に報告していたことは気になりました。実名は出さない方針のようで、じゃれていたとされる友達のことも「お友達」、被害を受けた息子のことも「お友達」。Aくんの親からすれば同じ子と思ったのかもしれません。ちなみに先生もじゃれていたお友達を誰か把握されていませんでした。私に連絡があったときも、お友達2人がじゃれていたらお友達の足が息子の口にあたって・・という感じでしたが、被害者側のため、まだ理解はできました。
先生に話しましたが、そうなんですねと、謝罪はありませんでした。
先生には、Aくんの主張が正しいのであれば事故なので仕方ないと思います、息子の主張が正しければそれは問題だと思いますが、これでおさまってくれたらと思いますとお帳面に書きました。
昨日はまた違う友達に何度もバカと言われる、やめてといってもやめてくれないと言いました。何故言われるとおもう?と聞くと、俺はぶん殴れないから、だから弱いとの回答でした。気は本当に優しく、園でもそう言われます。(2つ下に妹がいますが、泣かせたことが殆どありません)
何故こんなに息子ばかり標的にされるのか、息子には非がないのでしょうか?と改めて聞きました。
ちょっと言葉に不安があるため、そこは先生に相談していることなのですが・・(特に長文を話させると理解に苦しむときがあります)
療育は3回試しで通い、みていただいたところ、必要がないとのことで入っていません。
運動はわりとできるほうで、逆上がりも連続ででき、自転車も乗れ・・足も速いほうです。
カードめくりなどの遊びも好きでわりと上手にやっています。
女の子がよく寄ってくる印象です。
なんかわからないけどうっとおしい感じなのでしょうかね・・
最近は先生に対し不安ばかりです。3クラスですが、2人はベテランで息子の先生だけ若いので・・でも預ける以上、信じるしかないですよね。。

投稿日時 - 2017-07-14 10:18:07