こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

隣地の戸建て住宅開発で衛星アンテナに障害の恐れが

居住地境に26戸建ての開発が行われ2~3日前から見学者がチラホラ。
自分居住の衛星アンテナの機能に障害が発生する恐れがあり心を痛めています。
開発者に機能の保証を要求したいのですが手法が皆無で悩んでます。
何か良い手段はないでしょうか。
又このような事象はしかたの無い事なのでしょうか。

お知恵を頂きたいたいのです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2017-07-17 21:20:57

QNo.9352925

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

なんか質問文では、建物がすでにできているような印象を受けるのですが、まだ宅地の状態ですか?
障害が起きてから、相談はできますが、起きる前の「機能の保証」はできません。
では障害が起きた場合は、建設中に、施工者等の表示が出ます。現場事務所もできるはずですので、そこを訪ねて、見にきてもらい、適切な対策をしてもらえば良いです。
ただ一戸建ての場合、よほど、隣接間隔がなかったり、高い建物でない限りは、衛星は拾えるかと思います。

投稿日時 - 2017-07-17 21:34:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

26戸建てと言うのはマンションでしょうか。
そうであれば建設前に地域住民を集めて建設説明会が開催されます。
このような説明会は行われたでしょうか。

通常の流れとしては建設前に地域住民を集めて説明が行われ、その
後で住民による質問となります。
住民の同意がなくても建設は出来ますが、トラブルを防ぐため住民
に対して説明をする義務があります。
そのため通常は説明会が行われています。

説明会ではどの程度の規模の建物が出来るとか、工事現場までの車
両の通行範囲、騒音防止や粉塵防止のための対策等が説明され、そ
の後で発注者と住民とで質問の場が設けられます。
通常はココで衛星放送の受信被害が起きる可能性がある事を伝えま
す。建設前や建設途中で受信感度を調べる事は無理ですから、工事
が完了した際に受信被害があった時は、発注者側の責任において、
発注者側の負担にて調査やアンテナの設置をして貰えるように取り
決めます。

この事は質問者さんだけが発注者側に伝えても無理です。質問者さ
ん宅以外の住民にも受信被害が出る可能性がありますので、この事
は地域の自治会と発注者とで話し合わないと無理です。

とにかく説明会が開かれていないなら、自治会の方から説明会を開
くように伝えて貰いましょう。

隣接する土地にマンション等が建設される場合の問題点。
1、騒音被害=防音シートの設置。
2、粉塵公害=粉塵飛散防止シートの設置。
3、家屋の基礎のヒビ割れ=事前に耐震調査をする。
4、地盤沈下=事前に地質調査をする。
5、電波障害=これは工事完了後でないと判断出来ない。
6、地響き=事前に耐震調査をする。
7、日照権問題=これは話し合うしかない。
8、交通事故=必要に応じて警備員の数を増やす。
などです。

投稿日時 - 2017-07-18 12:19:00

ANo.3

まだその戸建が建てられていなくて、実害は出ていないわけですよね。
であれば、今のうちに証拠集めです。
現在の状況(映り具合)および、住居が建つ前の区画の状況をくまなく映像に収めておいて、いざ戸建が建って障害が出たら、その比較をもって業者に言って対策を要求しましょう。
合わせて、そのアンテナ業者に対して「こうなった場合の電波障害の可能性」についてヒアリングしておきます。
業者は、うちのせいではないと言い張るでしょうから、それを見越した対策です。

投稿日時 - 2017-07-17 21:36:45

ANo.1

受信障害が出たら26戸建てにアンテナを建てさせてほしいという
確認だけでいいのでは?

投稿日時 - 2017-07-17 21:32:53