こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自分の社内の人をお客様に紹介する場合は

役職の高い人と低い人では
どちらから紹介していくのがマナーですか?

投稿日時 - 2017-07-17 21:34:00

QNo.9352939

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

この鉄則を覚えておいてください。
『敬意を示すべき人の紹介を後にする』

 これは、ビジネス限ったことだけではなく、一般社会に通じることです(一部の国を除いて)。

 ご質問について具体的に言いますと、
(1)自分の社会の同僚 ⇒ (2)自分の社会の上司  の順です。

 取引先の人を自分の会社の社員に紹介する時には、上記紹介の後に、
(3)取引先の社員 ⇒ (4)取引先の社員の上司 の順で紹介します。


 蛇足ですが、「やくざ映画」などで、「おひかえなすって、おひかえなすって」に続き「てまえ生国と発しますは・・・」とやりますが、これも自分をへりくだって自分から先に自己紹介をしているのです。仁義( 道徳上守るべき筋道、他人に対して欠かせない礼儀上の務め)ですね。

投稿日時 - 2017-07-18 08:25:23

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-08-07 19:12:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

UKTVADJUZBMZE さん、こんにちは。

役職の高い人から紹介していきます。最終的には直属上司という事になるでしょう。

投稿日時 - 2017-07-20 09:55:40

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-08-07 19:12:07

ANo.2

役職の高い人からです。
理由は、相手にとって危険なほう、影響力の大きいほうから名乗るべきだからです。

仮に、社長と社長秘書がいた場合、社長秘書のほうから紹介するなんてありえないでしょう。技能的な実力の高い低いではなく、相手に対する取引の態度を変えられる権限があるのは秘書じゃないからです。社長秘書が「御社との取引は打ちきります」などというわけがない。それを決めるのは社長ですしいう権限も社長しか持っていません。

「これは用心棒です」「そして控えているこちらが殿様です」なんていう言い方はないでしょう。まず、オヤブンが誰かを相手に教え、それに続いて、何を担当している人間がここにいるかを順次話すのが、コミュニケーション上要求される当然のことです。
これは礼儀とかそういうものではありません。マナーのレベルではありません。
お互いの身のためなんです。

投稿日時 - 2017-07-18 06:46:01

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-08-07 19:12:11

ANo.1

 
役職の高い人

投稿日時 - 2017-07-17 21:34:33

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-08-07 19:12:12