こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

離職票の離職理由について

今年の4月より契約社員として就業しておりますが、
8月末にて退職予定です。

契約期間は2017年4月~8月末まであります。
それ以前は派遣社員として就業しておりましたので、
通算して5年以上は雇用保険に加入しております。

この場合、離職票の離職理由欄にて、特定理由離職者、
または、特定受給資格者として認定される可能性はありますでしょうか。
それにより、雇用保険の給付日数にかなりの違いが出るようなので、
ご教授願います。

・現在の職場には2016年10月から派遣社員として就業
・2017年4月からは派遣先の契約社員となり、契約期間は2017年4月~2017年8月末まで
(契約更新の有無の記載があったかは定かではない。
9月以降のシフトにも名前があったので、更新の可能性はあったと思われる。)
・退職理由は企業側からの退職勧奨(ただ会社側は認めたくない様子)

もし上記認定がされるのであれば、8月末で契約満了の退職を考えていますが、
認定されないのであれば、社会保険料の関係もあり契約期間内ではありますが、
月末は避けて退職しようと思っています。

日程が迫っており、焦っておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2017-07-19 13:45:05

QNo.9353545

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_range.html

の、特定理由離職者の範囲の1の話を言っているのでしょうか?

派遣と言う雇用形態ですが、登録型派遣でしょうか? 登録型派遣の場合、法律に派遣期間が終わって、登録派遣社員の意思がある限り、次の仕事を提供する努力を怠ってはいけない見たいな文句があります。ですので、それに従っている派遣企業は多いものです。(新しい案件を質問者さんに紹介して、それを蹴った上で退職なのであればそれは質問者さん側に問題があります)

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_basicbenefit.html

こちらに、範囲の具体的な例がありますが、「再就職の準備をする時間的余裕なく離職を余儀なくされた受給資格者」とあるように、今現在の時点で、質問者さんが解雇されると分かっておられる様子なので、該当する可能性は低いでしょう。

一番早いのは、離職票の理由欄に退職理由を明記する部分があります。その欄見たほうが確実です。「自己理由による」みたいな事が記載されている場合は、精査は行われますが期待薄です。

ハローワークの担当にもよりますが、企業側の責任(解雇等)でも自己都合にされたとか言う話の場合、大概的に判断して、会社都合として扱ってくれる場合もなきにしもあらずです。実際、自分の知っているケースで何人か会社都合によるものと判断された例があります。ただ、ハローワークもお役所なので、余程酷い形でなければそういうは行なわない可能性は高いです。

投稿日時 - 2017-07-19 14:56:49

お礼

回答ありがとうございます。
はい、特定理由離職者の範囲の1に該当するのかお聞きしたいと思っておりました。
雇用形態については、今年の3月までは派遣社員でしたが、
4月からは派遣ではなく派遣先企業に直接雇用され契約社員となっています。
該当する可能性は低いかもしれませんが、離職票が届きましたらハローワークで相談してみようと思います。

投稿日時 - 2017-07-19 15:27:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

#1です
 ・気になった点があったので
  >給付制限については3か月の待機となっても問題はないです
   ・契約期間満了前に退職した場合は自己都合退職になります
    この場合、特定理由離職者の対象にはなりませんから注意のこと
   ・特定理由離職者はあくまで契約期間満了で退職した場合に
    その辞め方が特定理由離職者の要件に該当するかどうかになります
  >契約更新について更新なしとも更新の可能性があるとも、
   なんとも記載がない場合はどうなってしまうのでしょうか
   ・その場合は、ハローワークの判断になります
    その判断材料として、確保して下さいの書類とか等が必要
    判断が、契約期間満了になるか、特定理由離職者になるか
    最終判断はハローワークがすると言うことです

投稿日時 - 2017-07-20 01:04:08

お礼

大変詳しく教えていただきありがとうございます。

投稿日時 - 2017-09-04 14:02:30

ANo.3

契約期間満了が一般的です。

投稿日時 - 2017-07-19 17:06:55

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-09-04 14:01:54

ANo.1

>(契約更新の有無の記載があったかは定かではない
 ・ここ重要です
 ・特定理由離職者の判断基準はこの部分ですから、契約書を確認して下さい
>9月以降のシフトにも名前があったので
 ・そのシフト表は、コピーするなり、写真を撮るなりして、確保して下さい
>退職理由は企業側からの退職勧奨
 ・この部分、書類なり音声なり確保しておいて下さい

・まず契約書の更新欄に関して確認すること
  更新の可能性の記述が無いと、特定理由離職者には該当しないので
・>離職票の離職理由について
 契約期間満了による退職(一般の日数で給付制限の3ヶ月は付かない)に
 対しハロワに対して異議を申し立てる場合に、その事案を証明する書類等
 が必要になるので・・前述の確保して下さいはその用意

あと
 >月末は避けて退職しようと思っています
 これ、契約期間満了前に辞めると言うことなら
 自己都合退職で、給付制限が3ヶ月付くから止めた方が良い
 失業給付を受給出来るのが4ヶ月くらい先になる 

投稿日時 - 2017-07-19 14:14:19

お礼

回答ありがとうございます。
契約書の更新の有無の確認、シフトの印刷、音声、
とにかく客観的な証拠が必要なのですね。
可能な限り揃えておきたいと思います。
もし、契約更新について更新なしとも更新の可能性があるとも、
なんとも記載がない場合はどうなってしまうのでしょうか。
給付制限については3か月の待機となっても問題はないです。

投稿日時 - 2017-07-19 15:40:21