こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

社内ボウリング大会での違法性について

会社のレクリエーションとして、ボウリング大会と飲み会をすることになりました。
参加費としては社内積立金と会社から1人当たり7千円ほどを出そうと思います。
飲み会のみに参加する人にも平等に景品がわたるようにするために、ボウリングそのものの結果ではなく、事前に結果を予想し飲み会で結果発表と景品引き渡しを行いたいのですがこれは賭博になりませんか?

・参加人数は60~80名
・半数ほどが飲み会のみに参加
・賞金ではなく景品(最大で1~2万円相当)を10名ほど
・参加費は会社から5千円、積立金から2千円ほど。
・ボウリングと飲み会の会場費として5千円程度必要。

会社負担により景品を用意し、私財は積立金+残りの会社負担で会場費にあてれば賭博罪に該当しないのではと考えています。
この場合、会社負担額が少なく、一部または全額が景品代に加わるようであれば賭博罪になりますか?

投稿日時 - 2017-09-04 21:03:35

QNo.9370955

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

賭博というより、
問題は景品等が個人の所得になるかどうか。
会社が経費として福利厚生費で処理する場合は
全社員の50%以上の参加がないと経費処理はできません。
景品は少額であり、社会通念の範囲内と思われ
ますので、源泉徴収の必要は無いと思われます
が、2万円というのは「社会通念の範囲」かは微妙ですね。
明確な金額がありませんので税務署の判断ということになります。
たとえば、毎月月例でイベントをやって毎回優勝者が同じであれば
収入は20,000×12=240,000になりこれは一時所時となるでしょう
年に1度程度であれば問題ないと考えます。

投稿日時 - 2017-09-05 09:26:49

補足

大きな会社ではないため、会社全体でのイベント行事となり月例イベントではなく年1のイベントとなります。
社員数としては50%以上の参加となり、2万円の景品は1等、残りは段階的に10景品分まで品級が下がるような景品セットです。

投稿日時 - 2017-09-05 13:16:48

お礼

諸条件と具体例も大変参考になりましたので、こちらの回答をBAにさせていただきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-09-05 15:07:26

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

福利厚生に関しても問題ありませんし
賭博も、金目的で、常習化されているわけでもありません
会社のレクレショーンとして処理されればご質問の心配はなさそうです

投稿日時 - 2017-09-05 14:39:31

お礼

今回の場合問題とならなさそうですし、参加費からの出資により景品を出したとしても軽微とみなされる可能性が高そうなので安心しました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-09-05 14:59:25

ANo.2

質問
参加されるのは社員全員でしょうか
60~80人(参加者)/・・・人(社員総数)
会社からの参加費は福利厚生で処理されるのでしょうか?
それとも給与所得の課税対象とされるのでしょうか?

投稿日時 - 2017-09-04 22:17:38

補足

会社からの費用は福利厚生の一環になります。
また、書いていませんでしたが、参加者は社員と契約社員、数名のビジネスパートナーになり、ビジネスパートナーは自腹で6千円ほどで、参加は任意にしています。

投稿日時 - 2017-09-05 08:27:00

ANo.1

ゴルフをする人が 仲間内で チョコレートを〇枚などと言っていますが
賭博行為は 全て違法なのではなく 仲間内での軽いやり取りは免罪となっています。
それをチョコレートなどと表現している。

つまり 金額の低い景品ならだいじょうぶだということです。

投稿日時 - 2017-09-04 22:13:52

お礼

今回の場合問題とならなさそうですし、参加費からの出資により景品を出したとしても軽微とみなされる可能性が高そうなので安心しました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-09-05 14:58:51