こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

老齢基礎年金と老齢厚生年金(FP2級)

FP2級勉強中の者です。

年金の受給額について
(1)国民年金の「老齢基礎年金」
(2)厚生年金
 (2)-1 「老齢基礎年金」部分
 (2)-2 「老齢厚生年金」部分

結局、(1)と(2)-1は同じものなのでしょうか??

どの参考書を見ても全く理解できません。
質問が悪かったら申し訳ございません。
どうかわかりやすく教えていただけないでしょうか?

投稿日時 - 2017-09-14 10:58:00

QNo.9374424

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

老齢基礎年金=(国民年金)20歳から60歳まで、40年間加入。
40年加入で満額 2017年度は779,300円。
加入月により減額される。

老齢厚生年金=(厚生年金)。会社に入社してから加入期間が始まります。
高卒18で入社すると18歳から厚生年金加入・20歳で国民年金加入の2階立て
で、企業年金ががあると3階立てで、年金貰う時は、
厚生年金(老齢年金)国民年金(老齢基礎年金)が貰えます。
企業年金があると、企業年金連合会から企業年金がもらえます。
厚生年金と企業年金は別です。

老齢厚生年金の計算。
標準報酬×5,481/1000×被保険者期間。

厚生年金は、標準報酬が低い人は、保険料が安なるが、貰う年金が少なくなる。
標準報酬が高い人は、保険料が高くなり、貰う年金は多くなる。

投稿日時 - 2017-09-14 12:21:05

ANo.2

"日本の年金制度は3階建て"だということを聞いたことはありますか?
1階 国民年金 : 全国民共通
2階 厚生年金(や国民年金基金) : 会社員など
3階 企業年金や個人年金など

1階部分にあたる国民年金はみんなが同じく加入するわけですが、
被保険者には3種類います。
第1号被保険者:主に自営業者や学生など
第2号被保険者:会社員や公務員など
第3号被保険者:会社員などに扶養される配偶者

で、第2号被保険者などは厚生年金の掛け金として加入制度に保険料を(会社等を通じて)支払っているわけですが、その内、国民年金分は国民年金の拠出金とされているわけです。
支払い方が違うだけで、国民年金部分はみな同じものを掛けていることになります。

投稿日時 - 2017-09-14 11:59:17

ANo.1

同じものです。

投稿日時 - 2017-09-14 11:03:59