こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「稟議書」と「決裁書」では

「稟議書」と「決裁書」では今の日本ではどちらの方が一般的な用語ですか?
決裁書はお役所用語ですか?

投稿日時 - 2017-09-20 22:45:15

QNo.9376848

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

「稟議書」と「決裁書」、
どっちで呼ぶかは企業文化の範囲内です。
稟議書の方がよく聞くかな?
というくらい。

うちの会社では格好付けて社内のフォーマットの題名は「回議書」ですが
「稟議書書いておいて」「部長の決裁取っておいて」などと
口語上は普通に使います。

原義上では役員の間をぐるぐる回すのが稟議書なのでしょうね。
決裁も社長に限らず支店長だったり部長だったり
最終決裁者が会社ルールが定められています。
「決裁書」も民間でも使います。

「決済」は「銀行で決済する」などお金を払うときの言葉ですね。

投稿日時 - 2017-09-21 08:57:36

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-09-29 23:02:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

稟議と決裁は意味が違う。

そして決裁は決済とは違う。

投稿日時 - 2017-09-21 01:18:37

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-09-29 23:02:40

ANo.1

意味が違うでしょう。
稟議書は稟議のときにまわす書類です。
会社だったら、役員全員に順次まわしていき、承認するときに印をもらうという一種の回覧板です。
決済書は、これに予算を付けるということの承認書ですから、会社だったら社長が印をつくものです。

投稿日時 - 2017-09-20 23:52:28

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-09-29 23:02:42