こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

韓国って・・・!?

青瓦台大統領府が8日夜公開した韓米共同発表文のうち「韓米同盟がインド・太平洋地域の繁栄のための核心軸」というものに15時間ぶりである9日、同意しないという立場を発表した。
金顕哲青瓦台経済補佐官はこの日午前、文在寅大統領が訪問中のインドネシア・ジャカルタでの記者会見で「日本が『インド・パシフィックライン』といって日本・オーストラリア・インド・米国をつなげる外交的ラインを構築しようとするが、我々はここに編入される必要がない」と明言した。前日、両国が共に公開した発表文で「トランプ大統領は相互信頼と自由・民主主義・人権・法治など共同の価値に基づいた韓米同盟がインド・太平洋地域の安保、安定と繁栄のための核心軸であることを強調した」としたものとは異なる基調だ。(韓国・中央日報)

一旦発表した「米韓共同発表文」をいとも簡単に「同意できない」と覆す行為をいやしくも国家がするということが信じられません。何故こんなことが公然とできるのでしょうか。
国家の威信や信用が傷つくことを恐れないのでしょうか。つくづく凄い国だと感心しませんか。

投稿日時 - 2017-11-11 18:02:49

QNo.9396213

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

何故こんなことが公然とできるのでしょうか。
国家の威信や信用が傷つくことを恐れないのでしょうか。
つくづく凄い国だと感心しませんか。
  ↑
要するに、国家として未成熟なのです。

まともな選挙が行われたのは、金泳三大統領
のときで1991年の話です。

それまでは軍事独裁国家で、北朝鮮と大差ない
国でした。

国家間の約束は守るべきモノ、という考えが
無いのです。

慰安婦もそうでしたし、 「竹島問題も、国交正常化時に“棚上げ、
現状維持”で了解し合ったにもかかわらず、後に島に埠頭を建設、次いで、
民間人の往来を自由化して、観光地化し、あげくに2012年には、
李明博大統領自らが島に上陸してしまいました」

その李明博政権では「日韓軍事情報保護協定」が、国民の反対が多いという理由で、
「ちゃぶ台返し」です。

教科書問題も、金大中大統領は小渕総理との間で“過去は清算した”と述べていたくせに、
日本で保守系の教科書が検定に通ると35項目の修正要求をしてきました。

投稿日時 - 2017-11-12 18:08:23

お礼

国家として未成熟、その指導者も確固とした信念を持てずに絶えずぐらぐらしている・・・最低ですね。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-18 11:29:24

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

中国から怒られてやむなく修正したんじゃないですか?
文書に残る共同声明を反故にしてはいけないですね。これは共同記者発表という形の慰安婦合意を反故にしようとするのと同じで、国際的な信用を落すものだと思います。
2つ要因があると思うのですが、まず韓国と無関係にトランプは他国との共同記者会見でのスピーチで相手国と合意しないでその国の首脳と違うニュアンスの事を言うと言う事を繰り返しています。また、11カ国でのTPPの合意の発表を突然カナダが延期を申し入れ、合意していないと言い出した裏にはアメリカの差し金があると思います。ここのところ世界は合意しないまま形だけの共同発表をするケースが極端に多くなって、明らかにトランプにかき回されています。そのトランプも行く先々で言う事を変えたりしています。
そうなると、アメリカと中国の板挟みの中で、トランプ訪問でおべっかを使わざるをえなかった韓国としては、トランプの他国での発言が変わったりする中で中国から変わらぬ圧力を受ければ、国益を優先すれば言ったことを反故にしたくなる状況はわかります。
それにしても、文大統領の動きを見ていると、外交ベタで国民の声も恐れ優先順位もはっきりせず何か小物みたいに見えますよ。国家の威信や信用が傷つくのを恐れないのではなくて、もっと中国や国民が怖いんじゃないかと思います。

投稿日時 - 2017-11-13 18:26:26

お礼

アメリカと中国の間に入って右顧左眄する姿は本当に見苦しいです。これで外国からは信用を失い、自国民の信頼も失う、まさに典型的な小物ですね。気をつけないと日本も巻き込まれます。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-18 11:27:02

ANo.6

#3の方が実に的確な指摘をなさっています。 

● 韓国では法治国家というより、《情治政治》が優先し、国民の感情が最優先される。 

ここが韓国を理解する鍵であり、どうしてそうなったのかをしっかりと弁えて置く必要があります。

(1) 独立時、韓国には法体系を整備出来るテクノクラート(官僚)が育っていなかった。
日本の敗戦と同時に朝鮮半島は独立し、二つの国家が誕生した。 南に誕生した韓国は李承晩大統領の下、新国家の礎を築き始めた。 しかし、関係法律を体系的に整備出来る優れた官僚が育っていなかった。 そこで取り敢えず、日本統治時代の法律をそのまま継承し、裁判の度に関係個所を修正する応急処置でスタートした。 

しかも日本の旧法はヨーロッパのフランス法、ドイツ法にイギリス法の慣習法的考え方をミックスした、複雑怪奇なもので、悪評と言われても否定できないものだった。 言わば雨漏りのする掘っ立て小屋を修理修理して使っている。 それは不便極まりないものだったに違いない。

(2) 韓国にふさわしい法体系の整備は日本の協力なくしては絶対に不可能。 しかし、、、。
しかも、李承晩大統領時代に朝鮮戦争が勃発、その後長く軍政が続く。 政治が国民の手に戻って来たのは80年代に入ってから。 この間、30数年と言う無駄な時間が流れていた。 そこから民主化の波が広がり、旧悪法の改定作業が始まる。 しかし、元々が木に竹を繋いだような複雑怪奇な法律に修正修正が加わっている。 どうにも収集がつかない。 

そこで法律よりの国民の総意として集団デモが力を持つようになり、それが民主主義と解釈されて来る。 しかし、ルールなき集団指示はデマゴギー(衆愚政治)に陥る危険性を否定出来ない。 

(3) 最高裁判所の《違憲》判断が為政者の暴走を防止する唯一の手段
その衆愚政治への弊害を避けるために最高裁判所による違憲かどうかの判断が大きな力を持つ。 しかし、大衆デモによる力の行使は裁判官への無言の圧力にもなっており、公正な判断がゆがめられることになる。

(4) 民主主義国家の基礎は整備された法体系であることに変わりはない。 
しっかりとしたルール作りが民主主義国家韓国の揺るぎない礎であるべき。 これは変わることはない。 法治国家を目指すべきである。 そのためには憲法を始めとする関係法規を抜本的に修正すべき。 これは韓国だけの話ではなく、どの国家にも該当する。

そのためには旧法のどこが時代にそぐわないのか。 現代の韓国に合致したルールはどうあるべきか。 そこを徹底的に議論し、修正を加えるべき。 そこに日本の法律の専門家の参加が求められるのである。

韓国が反日教育を停止し、韓国側から日本との和解を申し出ない限り、韓国の法体系の抜本的な整備はない。 

投稿日時 - 2017-11-12 13:17:30

お礼

火病治国家では破滅に向かって一直線、付ける薬もありません。まさに悲劇。我々は行く末を生暖かく見守るしかありませんね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-18 11:34:31

ANo.5

韓国の思いは、こんなところです。
1.アメリカと仲良くしたい。
2.中国とは距離が近いし、大国だし、経済制裁が恐ろしいからアメリカの次に仲良くしたい。
3.北朝鮮は兄弟国であるし、いずれ平和的に合併したいので喧嘩したくない。なるべくアメリカを怒らせないかたちで北朝鮮と仲良くしたい。北朝鮮を包囲する仲間に入りたくない。
こんなところでしょう。
だからトランプさんがいるあいだは相槌を打っておいて、いなくなれば本音を吐くことになります。コウモリ国の辛い立場ですね。スイスのように中立になれれば良いのですが、民度が低過ぎてスイスになれません。まあしっかりコウモリとなって日本の悪口を言ってなさい。絶対に日本は助けませんから。(笑)

投稿日時 - 2017-11-12 10:44:16

お礼

もういい加減ムシの良いことばかり考えるのは止めるべきですよね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-18 11:36:15

ANo.4

 韓国は、財政破綻して、日本に通貨スワップをタカビィで要請しましたが、断られたので、中国に頼みました。
 中国は、足元を見てタカビィに韓国に、通貨スワップして欲しいなら、いわゆる「三不」を約束させました。
 ▲THAAD追加配備を中止する 
 ▲ミサイル防衛(MD)システムに参加しない 
 ▲韓米日3カ国の軍事同盟に発展させない、
 といういわゆる「三不」を約束させました。

 これにより、韓国は、
 韓米同盟がインド・太平洋地域の繁栄のための核心軸」というものに9日、同意しないという立場を発表した。
 また、対北朝鮮のための日本海の米日韓の合同演習も、断りました。

米国は、駐韓米人の韓国脱出訓練をしています。

今後の米国の対応に注目しましょう。

投稿日時 - 2017-11-12 01:22:55

お礼

日米中の信頼をもう完全に失っていることに気付かないのでしょうか。もう終わっていますね。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-18 11:38:47

 国家間で結ばれた条約や協定を韓国がしばしば覆すのは、韓国の「憲法裁判所」という制度の存在が大きいと思います。「憲法裁判所」は誰でも提訴可能だそうです。ここで「違憲」と判断されれば、たとえ大統領であっても、意見を変えざるを得ません。「憲法裁判所」の制度は、過去の独裁政治への反省から生まれた制度です。2015年の「日韓合意」も、その一例です。「憲法裁判所」の判断に従わない大統領がいたら、それこそローソクデモなんてものじゃない規模の「暴動」が起きるんじゃないでしょうかね?

 ちなみに韓国は、この制度が非常に「民主的」だと考えていて、他の国にもこの制度を輸出することに熱心です。確かに、一部の政治家の判断だけで物事が決定されるわけではなく、民意が反映されるという点では民主的です。日本にも同じような政治をチェックする制度があれば、政治の暴走も少しはマシになると思います。もちろん、民主的だからベストだというわけではありません。リスクもある「諸刃の剣」的な制度です。

 また、韓国は「情治国家」ともいわれていて、「情治」(国民感情を優先する考え方)が「法治」よりも大切だと考えています。ですから、「前政権が不正に基づいて結んだ条約は認められない!」というような感情が表出した場合、新政権はそれに配慮せざるを得ません(そうしないと自分の政治生命が危うくなるので)。

 韓国人としては、このようなやり方こそが「正義」だと感じられる方法なのです。いいかどうかは別として。まあでも、国際的には理解されない考え方でしょうね。一旦結んだ条約や協定が、政権が交代するたびに覆されるわけですから。

 韓国の政治家は、対外的にはは上記のような理屈が通用しないことは承知していると思います。ですがこのような政治文化がありますので、国内的には国民感情を優先した「情治」を行わざるを得ません。韓国と外交交渉をする際には、このような国内事情を考慮したうえで、ある程度、その時の政権の顔を立ててやるという必要があります。まあ、あまり譲歩してばかりだと、舐められる可能性もあります。そういう意味では過去の自民党は韓国の政治家の顔を立ててくれる、「付き合いやすい」政権だったと思います。

 しかし、わたしが疑問に思うのは、逆に諸外国が韓国に対して、国内の「情治」を優先して、韓国との条約や協定を覆した場合に、韓国がそれを許容できるのかという問題です。許容できるのなら百歩譲って、それで構いませんが、許容できないというのならば著しく不公平でしょう。(わたし個人の考えは置いておくとして、)現在の日本の「情治」を優先するならば、韓国との「通貨スワップ協定」は、ほとんどの国民が反対のようですから、「協定は結べない」と日本政府が言って、韓国はそれを許容できるのか?といった具合です。韓国のネットユーザーの発言を伝え聞く限りでは「許容できない」ようなので、公平とはいいがたいのかな?

 韓国の「情治優先」は、日本のみならず他の国も「リスク」と捉えているようです。「情治」を取るか「法治」を取るかは韓国の政治家の判断ですし、それによって国際的な信用を失うとしても、それは韓国民の責任です。他国がとやかく言う問題でもないと思います。まあ、韓国とはその辺のリスクを承知の上で付き合っていくしかないのでしょうね。

 ご参考になりましたら幸いです。

投稿日時 - 2017-11-11 22:43:30

お礼

大変参考になりました。ご回答ありがとうございます。ここまで来ると韓国は最早「情治国家」を通り越して「火病治国家」ですね。こんなものが国際的に通用しないことに何故気がつかないのでしょうか、不思議です。

投稿日時 - 2017-11-18 11:43:48

ANo.2

<補足>

回答No.1です。
一部漢字の間違いがありましたので、訂正いたします。
失礼いたしました。

誤り:成形しているみたいですし、
訂正:整形しているみたいですし、

投稿日時 - 2017-11-11 18:53:14

お礼

ご丁寧に、ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-11-11 18:56:23

ANo.1

だから、韓国人は世界的に嫌われているのです。
国自体が捏造された歴史を国民に植え付けたり、しているらしいですからね。
アニメのパクリや、車のデザインのパクリなんて、日常茶飯事ですから。
モラル自体も、かなり低いらしいですよ。
それに韓国人の年頃の男女の殆どは、成形しているみたいですし、顔からして捏造している様なものです。
国によっては、韓国人お断りの店が、多く存在する所もあるそうですから。

投稿日時 - 2017-11-11 18:43:06

お礼

なるほど・・・です。ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2017-11-11 18:55:43