こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

シングルプランとパーシャルプランの実際

簿記2級の勉強をしています。
シングルプランだと、正確な原価の把握は早いが計算や管理がたいへん
パーシャルプランはその逆、
といったことのようなのですが、

実際に、なぜそうなるのか、具体的な形で教えていただけませんでしょうか。
もしよろしければお願いいたします。

以下のページに、下のような説明がありますが、これでもまだイメージできないのです。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8612333.html
パーシャルプラン;
 メリット・・・原価計算自体に要する計算事務量が僅少
 デメリット・・標準原価差額の把握が遅すぎる
 適した企業・・以下のような条件の企業
        ・生産工程が複雑でない量産工程
        ・詳細な標準原価差額分析を頻繁には必要としない
        ・原価計算に要する計算事務量を最小限におさえながら実施したい


シングルプラン;
 メリット・・・標準原価差額の把握と分析を迅速に行うことが出来る
 デメリット・・相当の計算事務量が必要
 適した企業・・以下のような条件の企業
        ・個々の投入量ごとに、標準投入量が判明できる
         (ロット別個別生産や組別生産など)
        ・詳細な標準原価差額分析を頻繁に必要とする

投稿日時 - 2017-11-13 23:17:56

QNo.9397092

困ってます

回答(0)

この質問にはまだ回答がついていません。
あなたが最初に回答してみませんか?