こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

「話が噛み合ない」のを克服したい

人と話が噛み合わないことに悩んでいます。

大体自分が聞き手で、相手(1人)が話し手のときに噛み合ない現象がおきます。
話が理解できず自分は戸惑いを感じ、話し手は「なんでこんな事理解できないの?」と自分に対して怒ってしまいます。(今まで3.4人相手に同じことが起きています)

同じ悩みをもっていた方や、話上手な方はぜひアドバイスお願い致します。
克服までいけずとも、現状より良くなりたいです。

具体的にどのような経緯で「話が噛み合ない」現象になっているか、というと...

(1)話しで出てくる登場人物の相関図が作れない。
具体例)友人に会社の悩みを相談されAさん、Bさん、Cさん、Dさんと登場してきて
・Aさんを「Aさん」、「A社の上司」と別の名称で呼び出すと
→(自分は)誰のことを話しているのか分からなくなる...。
・A~Dの役職や関係の説明がないと
→(自分は)関係性が分からなくなってしまう...。
・プラスして、友人は会社二つに在籍しているので二つの会社の登場人物が一気に出てくることも混乱の原因だと思います。
(2)主語、指示語の省略が多用されると分からなくなる。
(3)話が整理されておらず、思いついた順に話されると全体像が掴めなくなる。

などがあると話を理解できなくなります。
現状解決策として、分からない部分は相づちを打ちながら聞き返していますが話のテンポが悪くなるため相手にイライラされます。

あとは自分の集中力が短いことも原因なのかもしれません...。
相手の話を流してしまっているのかも...?

相手を不快にさせず理解力を高めたいです。
同じ悩みを持つ方や、話し上手、聞き上手な方いらっしゃいましたらアドバイスよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2017-11-14 23:08:24

QNo.9397450

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんにちは。

私がLD, ADHD傾向のある方々にお勧めしている方法をお話しいたします。誤解のないように、質問者様が発達障害であるかどうかは別としてです。

話の目的と相手、内容によって、対応の使い分けをすることをお勧めいたします。

「現状解決策として、分からない部分は相づちを打ちながら聞き返していますが話のテンポが悪くなるため相手にイライラされます。」

1.仕事上の話であれば、テンポより正確さ、ミスをしないことが最も重要となりますので、相づちを打ちながら聞き返すことが、かえって信用につながると思います。

2.友人とのたわいない会話であれば、質問者様が特に興味を持ったポイントに着目して、自分の土俵で会話を進めていきます。相手が出してきた話題の1つであり、また質問者様も興味を持たれた話題ですので、決して独りよがりになることはありません。ポイントを絞ることで、情報量を減らして聞き易くするのです。

以上のことは、多数の登場人物がいても、その関連の内容が豊富でも、使うことができます。仕事であれば、1.の枠組みで、話のラフスケッチを書いて大規模な内容を整理することが許されます。2.の場合には、着目する登場人物を1,2人にするのです。これら登場人物と他の人との関係は、会話の中で聞き返してもよいと思います。もともとかなり話題を絞り込んでいますので、テンポにはそれほど影響は与えません。
以上の考え方では、巨大な関連図とその中の複雑な関係グラフの構造から、すこし枝が延びた幹を抽出して話しを進めることに相当しますので、話が噛み合いやすくなります。

投稿日時 - 2017-11-15 23:45:39

 ご質問拝見いたしました。お辛いご経験ですよね。

 わたしの妻が同じような悩みを抱えています。妻は会話も問題ありませんし、文章の理解力などは普通の人よりも高いのですが、「耳から聞いて理解できない」ということがよくあるのです。実は同じような悩みを抱えていらっしゃる方が、たくさんいらっしゃるのです。「LD(学習障害)」「ADHD(注意欠陥多動性障害)」という発達障害を抱えている方たちです。わたしの妻は成人してから心理テスト(WAIS-III)でそのことを指摘されました。

 ご質問者さまが、この障害に該当するかどうかの判断は、専門家が判断することですが、「LD」や「ADHD」を抱えている方が取っている対策は、ひょっとするとご質問者さまにも、ご参考になるかもしれません。

 この方たちは「メモを取る」「分からないことは聞き返して確認を必ずする」ということを徹底しています。あとは他人の会話を聴きとれるようになるトレーニングというのもあります。残念ながら、このトレーニング方法に関しましては、わたしは詳しくありませんし、Webで調べても詳しい情報が見つかりませんでしたので、ここで申し上げることはできません。ご興味がありましたら、書籍等をお調べください。

 社会人として働いている「ADHD」の方たちは、本当に涙ぐましい努力を重ねているのですが、本人の努力だけでは限界があります。周囲の協力が不可欠です。わたしの妻の場合、文字にすると途端に理解力が上がりますので、重要な事柄を伝える際は、いちいち、メールを送って文字で伝えるように心がけています。本人もわたしも、これで随分と楽になりました。

 ご質問者さまも、並々ならぬ努力をしておられるのだと拝察いたします。なんらかの解決方法は見つかると思います。どうぞご自分をあまりお責めになりませんように。

 わたしでお答えできることがございましたら、回答させていただきます。ご不明な点はどうぞ補足をお願いいたします。それから、一度、専門家の方のお力を借りることも、ご検討くださいませ。

 ご参考になりましたら幸いです。

投稿日時 - 2017-11-15 01:23:44

ANo.1

あなた自身は,我々回答者に,そりゃ説明している方が悪いでしょ?
と言わせたいのですか? 

例えば,このような答えがあなたの質問から帰ってくるためには,
「この質問者は,真剣に悩んで回答して欲しいんだろうな」
という考えと同時に
「自分ばかり友人には責められるけど,話し方がもともとわるいってのもあると,言って欲しいのかな」
という両方を考えて読んだり,聞いたりしているから出てきますよね。このような準備ができていれば,あなたの些細な言い回しや話の方向転換があったときに,それにすぐに気が付きあなたの話題について行けます。
「先読み」というほどではないにしても,方向性の予測をすることは大事だと思いますね。

聞いてよ~Aさんがね,,,,とはじまって,その上司がね
と言ったときに,Aね?と軽く聞くのと
その上司はなんて名前?と聞くのとでは話す方の印象がちがいますよね?あなたの確認が,相手にとって負担になってくる確認と言うことは,そこは確認しなくても分かるでしょ。という部分だと言うことなので,例えば登場人物はその時点で一人しか出ていない。といった場合にもあなたが意識的にAは上司なんだよね?
と言われていると感じるのだと思います。
当然Aさんの話をしているのであれば,その上司と言われれば同一人物で,自分の上司なんだ。と「その」だけで情報が増えるわけですし,相手が話し方が下手な場合もよくありますが,相手が言おうとしている内容を先に予測しておけばある程度の省略や思いついた順でも,フォローすることは可能でしょう。

一番最初にすこし隠喩的に込めましたが,相手をイライラさせてしまう。これが一番なやましいところなのだと思いますが,
それは自分が話を理解できないから。とありますが,おそらく聞き方の問題ではないかと思うのです。
それはあなたの意図,内心が,「こいつ話し分かんないなぁ。主語がとぶから分からないし,全然整理されて無くて・・・・」というものであり,その態度が話している相手に透けてしまっているのだと思います。
あなたのスタイルだとは思いますが,聞き上手になるには?と思うのであれば,内面もかなりフラットに,かつ好意的に聞かないと,話が伝わらない以上にあなたの心のいらつきが相手を余計に苛つかせてしまっているのかも知れないです。
もしかすると少しお疲れなのかも知れないですね,ちょっとした「てにをは」や,指示代名詞などを飛ばしてしまうだけで日本語の会話は何をいっているのか分からなくなることもあります。
先ほどの話であれば「その上司が」を「上司を」 と聞いてしまった時点でアウトですよね?
そう言った意味で,またあなたの文面を見る限り,論理的に人の話を聞くことに対して問題があると思えませんので,気持ちの問題。つまり優しい気持ちで丁寧に聞くことで大幅に改善されるように思います。

投稿日時 - 2017-11-15 00:15:54