こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

おもちゃのアイデアを企業に商品化してもらいたい

一歳前後が使うおもちゃのアイデアを思いつきました。特許とか実用新案とかはない状態で企業に商品化してもらい、かつロイヤリティを貰える方法はないでしょうか?

なんとなく知ってる単語を並べてみただけで、商品化に関する知識はほとんどありません。
自分のアイデアを商品化してもらえたら嬉しいけどお金もできれば稼ぎたいなんて浅はかな考えですが、どなたかアドバイスをいただけたら幸いです。

投稿日時 - 2017-11-15 01:57:25

QNo.9397509

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

おもちゃのアイデアだけでロイヤリティは無理でしょう。
何でもそうですが、新しい商品を製品化して量産するにはベストの形、機能、材質を検討しデザインを図面にして金型を幾つかつくり製造ラインに乗せることが必要です。
そうして販売しても必ず大量に売れると言う保証は全くないのが普通です。
主婦が考えた商品が多くありますが、これらは主婦である故に実際に手作りして試作を繰り返し使い勝手が良く材質も選んで製造方法まで検討された商品としてほぼ完成し特許出願を済ませたものである為にそれなりのロイヤリティを得ています。
単なるアイデアで実用的な形となっていない段階でメーカと交渉しても単なるお礼程度の報酬しか期待できないでしょう。
物作りとはこうしたものです。
本当にロイヤリティ目的であるなら、特許出願し実際に形にし改良の余地がないまでに完成させ実際にメーカ担当者が手にとって使ってみてこれはいけると決断させる程度までに仕上げてください。
苦労無しで報酬は得られないと考えてください。

投稿日時 - 2017-11-15 08:51:55

お礼

回答ありがとうございます。
ものづくりの大まかな流れを教えていただき勉強になりました。
自分の子供が遊んでいる姿をみてこんなのがあったらいいなと思い、ついでにお金も…なんて考えでしたがやはり簡単にはお金を稼ぐことはできませんね。

投稿日時 - 2017-11-15 23:48:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

素人が何をいうんだ的回答が埋まると思っていましたが予測通りです。

あるていど出てきたときに発言しようと考えていました。
具体的に、たとえば会社で新製品開発のときどういう流れになりどういうものが却下されるかをお話します。

当然ですが、そういう話を聞いて予算を認めるためには、単なる思い付きを資料もなしに雑談で語っても完全に無視します。それなりに資料を作り、この話題で役員にプレゼンをさせてもらいたいのだけど、というような申し入れを上司に行う必要があります。
もちろんある部署が自分のところの評価や予算を得るために部下に奨励する場合もありますが、実際にはやることは同じです。アブストラクトというか、何を目的に何をしたいのかという概要がA4の半分ぐらいの文章で回るのです。この餌に誰も食いつかなければ、プレゼンなんてあり得ません。

で、プレゼンの場になったとしましょうか。そのときに経営者側が何を見るかと言うと、思い込みの度合いです。

往々にうまくいって売れた場合のことしか考えていないのが多い。新しいアイディアほど誤解を受けやすいし意味も理解されないという発想が薄い。

自分がよいものだと思うから国民だれひとりとしてそれを良くないと言わないだろうというムリな決めつけがある場合がある。これだったらそのアイディアが何であれ却下です。少なくとも理解してもらうために何を気にしなければいけないか考える誠実さがない。

成功ばかり考えている場合も却下です。商売ですから、うまくいかなくて当然で、場合によっては完全失敗もある。しかしそうなりそうな場合どうやって神輿の台を支え、転ばないようにするかのアイディアも覚悟もなく、うまくいったことだけ想定していないなら、それは単なるおとぎ話なので。

計算していないのもダメです。初期費用にどれだけかかり、初期売りあげがどの程度、以後回していくとしてどの程度の維持費用がかかり、売上とどうバランスするか、の予想も計算もしていないなら、予算なんて渡せません。
往々に、失敗したらゼロだと考えたがるんですが、そんなわけはない。初期的に予算をたて、人間も動き費用も使っているのですから、失敗なんかしたら大きくマイナスです。

言っておきますが、会社は失敗することを恐れはしません。計画をきっちりたてて乗り出し、観測しながら制御をして、それでもうまくいかなかったら仕方はないのです。その代り失敗とみなすまでの間の経緯データはすべて取得していますから、次に行動するときの羅針盤になり、個々の社員のスキルになっているわけです。
それは、はっきりPDCAをして、のことです。最初のPの段階ですでにおかしいとか身勝手であれば、Dには進めません。

以上、会社の完全なスタッフの話です。

飛び込みでこの若手社員と同じ待遇が得られると考えるのはいかがなものか。
何も考えもしないで「いいね、それいいね」と製品化してくれるような会社はおそらく営業力も何もなく、社員がひまこいていて何かすることがあれば何でも手を出したいというところなんです。当然ですが、うまくいかなくなったら賠償請求を始めるかもしれません。

やるのであれば、きっちり資料を作り、ぶっつけでもプレゼンができ、しかも自分が参画していないと先に進められないような計画をたてなければいけません。初対面の相手を信頼する人間なんかいません。

投稿日時 - 2017-11-15 23:19:15

お礼

回答ありがとうございます。
PDCAという単語を会社でよく耳にしていましたがそこまで深く考えたことがありませんでした。
今一度考えてみたいと思います。

投稿日時 - 2017-11-15 23:50:56

ANo.5

そら簡単です。どこぞのそういうおもちゃを製造している会社に行って、お金は全部出すから商品化してくれっていえばいいのです。
会社側だって商品化するまでには何百万円も、時には何千万円もかかるわけで、それで売れませんでした赤字ですなんてのは許されません。ましてや今までノウハウがない素人のアイデアなら尚更です。
だけど、仮にそれで大失敗してもその分は全部私が持ちますよ、となれば会社側からすれば損はない話ですからまあ乗ってもいいかということにはなると思います。開発費はもちろん、在庫もまるっと受け入れる必要があると思いますよ。売れた場合の儲けについては事前に契約しておけばよろしいでしょう。

リスクは背負わないで、リターンだけ欲しいなんていう甘い話は通りません。

投稿日時 - 2017-11-15 12:45:51

お礼

回答ありがとうございます。
お金あったらカタチにしてもらいたいけど先立つものがないですね。自分で作るって考えがないのもダメなところですが。

投稿日時 - 2017-11-15 23:56:16

アイディアだけではまず無理な話です。
アイディアなんて「抽象的」過ぎて相手には伝わりません。
そんなあやふやなものにロイヤリティーを出す企業なんてありません。
自力でサンプル製作をしてくれる会社を見つけ、試作して持込みするしかないです。

投稿日時 - 2017-11-15 11:36:05

お礼

回答ありがとうございます。
やはりそう簡単にはいかないですね。

投稿日時 - 2017-11-15 23:58:45

ANo.3

 特許の取り方を知らない。勉強したことも無い。そういう認識しかないのであれば、やめた方が良いでしょうね。

 それよりも、別の視点で自分自身を考えた方が良いと思います。

 なぜ、1歳前後の子供が遊ぶ玩具を考えるのでしょうかね。あなたが病気にかかっていて、自分が子供の気持ちがわかるのだと信じ込んでいるだけだとしたら、どうでしょう。精神科の診断を受けた方が良いかもしれません。そういう気持ちになる病気があるのだそうです。

投稿日時 - 2017-11-15 10:36:06

お礼

回答ありがとうございます。

自分の子供が遊んでいる姿を見て思いついたので病気ではないですが、別の視点で自分自身を考えて見るというのは必要なことだと思うので今一度考えてみたいと思います。

投稿日時 - 2017-11-16 00:02:53

ANo.2

>一歳前後が使うおもちゃのアイデアを思いつきました。特許とか実用新案とかはない状態で企業に商品化してもらい、かつロイヤリティを貰える方法はないでしょうか?

試作品と企画書を作成する。
で、企業に売り込み。
ただ、大抵は門前払いですが。



発明学会に入る。
会費等かかりますが、
学会で行なっているコンクールや
アイデア流通展示室への出品を通して
企業に働きかけが出来ます。
会員向けのアイデア商品化のガイドブックの有料頒布や
相談、企画書や契約書の作成指導などもあります。

投稿日時 - 2017-11-15 09:20:48

お礼

回答ありがとうございます。

簡単な流れと具体的に初心者ができそうな例を出していただき勉強になりました。

投稿日時 - 2017-11-16 00:04:52