こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

税理士二世の予定 不安です

私は20代前半の社会出たばかりのぺーぺーの女です。
今務めている税理士事務所の所長さんは、私に数年後には継いで貰いたいと思っているようです。親子関係ではない場合でも二世は務まるものでしょうか?親が税理士で~、というのはよく聞くのですが…。

私はまだ勉強中なので、まずは資格を取得しない事には元も子もないですが。ただ、将来的には何年かかってもきちんと資格を取得して、できれば独立して税理士として仕事をしていきたいと思っていたので継がせて頂けるという話はとても有難いことです。顧客をゲットして事務所やサポートしてくれる職員も探すというのは本当に大変だと思うので願ってもないことではあります。
ただ、家族でもない他人の、しかも今の所長さんからはかなり年齢の下がる女性が、引き継ぐのって、顧客側は嫌ではないのかな…?と少し不安を感じています。

所長さんはもうかなりお歳(70代)で、顧客の社長さんもかなりお年の方が多いし、昔の方だと特に男尊女卑もありそうで…怖いなと…。顧客で社長が年配のところは息子等に引き継いだりする所ばかりなので辞める気のあるところは殆どなく、顧客がなくなってしまう、ということはとりあえずなさそうです。

ちなみに所長さんの息子さん達は全く別の道に進み、継ぐ気は欠片もないようです。

実際、税理士の方や会社の社長さんなどが感じるご意見を頂きたくご質問させて頂きました。
拙い文章で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2017-11-16 20:53:05

QNo.9398147

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

berryy_y さん、こんにちは。


このままで10年、さらにあなた一人ではたぶん、5年位で廃業になるでしょう。あなたの旦那さんが税理士だったら、税理士事務所を長く続ける秘訣は配偶者が同業者であることですね。夫婦でできるじゃないですか?そういう人を見つけることなんじゃないですかね。あるいは税理士さんを新たに雇うとかね。

投稿日時 - 2017-11-18 09:27:53

お礼

ありがとうございました。
参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2017-12-12 13:22:05

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

同様に事業承継をされている方を何人も見ていますが、みなさま(クライアントも事務員さんなども)それほど気にしていないような気がします。

引継ぎも急でないのであれば体制を引き継ぐのでとりわけクライアントも困ることがないのが実際のところかと思います。

ただ、なかには合わないという方もいらっしゃるかと思います。
ですので、ご自身が思うように進めていけばよいかと思います。

そもそも事務所に会わないような方であれば選ばれないでしょうし、気にされないでよいかと思います。

投稿日時 - 2017-11-17 23:22:19

お礼

ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2017-12-12 13:23:16

ANo.1

「どのみち廃業することになるだろうから、それなら死に水をとってくれないか」ということなのではないかなと思います。
その年齢の方なら「女なんだからいずれ結婚もするだろうし、子供ができればフルタイムで働けなくなるだろう」くらいは分かっていると思います。いくら開明的な人だったとしてもその世代なら世代の共通認識として「男が外で働き、女が家を守るものだ」という価値観があります。もし質問者さんが「結婚して家に入ります」といったら「それはお前、違うだろう」とはいわないと思うのです。

どのみち先が見える状態じゃないし、あと10年持つかどうか。かといって廃業はチト寂しい。それならどうせ廃業するものだと考えて引き継がないか、というところなのではないでしょうか。私の身に何かあったら君はどうするんだという親心みたいなのもあるのだと思います。それなら最初から独立してやっていけるようにしておくのがいいだろうってね。
これはもう全くの私の想像ですが、事務所を引き継いで細々とやってゆき、やがて採算が合わなくなってきたら廃業と共に顧客の社長の口利きでどこかの会社の社長のセガレと結婚して、その後は税理士の経験を生かしてその会社を支えていく女将さんにでもなってくれればいいとでも考えているのではないでしょうか。

投稿日時 - 2017-11-17 11:47:27

お礼

ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2017-12-12 13:22:32