こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

余った電池で充電池を充電したい。

ちょっと使って余っている電池、電圧がバラバラな電池を何本か使って、エネループを充電したいと思っています。
リチウム電池の充電は繊細な電圧のコントロールがいるそうですが、適当に知識をいただければ幸いです。

制御には死蔵しているmbed( http://www.sagawaelectronics.com/cpu_board.html )を使えればとも思ってます。

なお、ちょっとむずかしめの電気工作をしてみたいというのが目的なので普通に充電すりゃいいじゃんといったのはご遠慮ください。

投稿日時 - 2017-12-08 00:49:59

QNo.9405505

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

Hi-Hの急速充電で満充電の判定は、電圧の時間変化ですよね。一番気にしたのは、充電池が満充電になる前に乾電池の方が切れてしまうのはあるだろうな、そこでいったんとめて乾電池だけ入れ替えてまた充電を始めるとかした場合にその判定が難しくなるのじゃないかなあと思ったりしたわけです。
別案として、トリクルと書いたけど定電圧充電をイメージしてました。時間がかかるし、満充電まで充電できない能率の悪い方法だけど満充電検知の必要なしですむかなぁと。まあ、そんなことをするよりは複数の乾電池から給電するように作ったほうがまともかなぁ。
とりとめのないコメントですみません。

投稿日時 - 2017-12-16 00:19:52

ANo.5

はい、充電される側の電池のセル数です。
1セルの設定(1本ずつの充電)でいいでしょう。

投稿日時 - 2017-12-14 18:53:11

ANo.4

使いかけ電池を...というのは私も考えたことはあるのですが実行にいたらずなのですが....

まず、充電するにはそれより高い電圧が必要です。新品電池が前提なら直列接続でも良いでしょうが、残量がばらばらなのが前提だと直列は取れませんね。一本の電池を昇圧することになるのですが... 乾電池は最後には0.8 V 位に下がります。この電圧で動作する昇圧コンバータICとなると、製品が限られますね。
なお、利用を想定しているマイコンボードには、電源に安定した6V 以上の電源が必要ですし、乾電池で全ての電源をまかなうことは考えず、昇圧の部分も含めて制御は商用電源でまかなって、乾電池は充電用の電源だけと考えるのが良いのかもしれません。

また、市販の充電制御ICも マイコンを使った充電器の製作例でも充電のための電源は安定して供給される前提かと思います。この例だと電源供給が十分かどうかが怪しい前提ですよね。乾電池からの給電部を複数にするとか、あるいは急速充電はやめてトリクルでいくとか、そのあたりの配慮もしたほうがよさそうですね。

回答にはなってませんが、コメントさせていただきました。

投稿日時 - 2017-12-12 23:50:50

補足

安定って、電圧、電流、どちらがですかね?両方ですかね。

トリクルでもいいのですが、その場合はどのような感じになるのですかね

投稿日時 - 2017-12-14 00:11:49

お礼

貴重な情報ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-12-14 00:09:37

ANo.3

ICの動作範囲の電圧であればバラついても問題ありません。
セル数を設定すれば必要な充電電圧をICが作り出してくれます。

投稿日時 - 2017-12-10 16:10:31

補足

セル数の指定とは「充電対象の充電池」のセル数ですか?

投稿日時 - 2017-12-14 00:12:51

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-12-14 00:13:01

ANo.2

「充電IC ニッケル水素」のキーワードで検索するといっぱい出てきます。
http://www.linear-tech.co.jp/product/LTC4060
https://www.maximintegrated.com/jp/products/power/battery-management/MAX713.html
とか

投稿日時 - 2017-12-08 21:45:05

補足

補足ありがとうございます。現在調べています。電圧がバラバラになる予定の電源部の完成はいかようにすればよいですかね?

投稿日時 - 2017-12-10 00:12:54

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-12-10 00:13:04

ANo.1

エネループはリチウムイオン電池ではなく、ニッケル水素電池です。
充電の制御方法が異なりますので注意下さい。
・リチウム
 予備充電→定電流充電→低電圧充電のシーケンス
・ニッケル水素
 ΔV制御(電圧がピークに達してやや下がり始めたら満充電)

どちらも、過電圧保護、過電流保護、加熱保護機構を備えて下さい。
普通は充電専用ICに任せます。

※リチウムイオン電池を生半可な知識で充電すると大変危険です。

投稿日時 - 2017-12-08 12:15:57

補足

把握してたんですけどうっかりで種類を間違えちゃいましたすみません。
充電専用ICの型式やその挙動も教えていただけますかね?

投稿日時 - 2017-12-08 17:41:01

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2017-12-08 17:41:12