こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

みなさんならどのように訳されますか?

はじめまして。60年代の古いSF小説の翻訳についてですが、以下の原文

There was never a girl born who ever grew older than eighteen in her heart…no matter what the merciless hours have done to her.

1969年の、井上一夫氏の訳では
「容赦ない時間がどんなことをしても、心は十八歳より年を取らない娘なんてこの世に生まれなかった」

とあります。

He can make you feel the quiet, endless tragedy that there was never a girl born who ever grew older than eighteen in her heart…no matter what the merciless hours have done to her.

「容赦ない時間がどんなことをしても、心は十八歳より年を取らない娘なんてこの世に生まれなかったという、静かな無限の悲劇を、観る者に感じさせることができるんだ。」

「容赦ない時間がどんなことをしても」・・・という箇所と、
「(という)無限の悲劇」という流れがどうしても不自然に感じてしまいます。
わたしの感覚ではNo matter what ... の後には「にもかかわらず」と言った表現が続くように思えるのですが。

みなさんが
He can make you feel the quiet, endless tragedy that there was never a girl born who ever grew older than eighteen in her heart…no matter what the merciless hours have done to her.

を訳すとすれば、どのように訳されますか?

投稿日時 - 2017-12-08 00:58:20

QNo.9405507

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 情け容赦のない時の流れが彼女に何をしたかは知らないが、心の中で18歳で成長をやめた少女は、今でかつて居ない、という静かだが終わりのない悲劇をみなさんに彼は感じさせるのであった。

投稿日時 - 2017-12-08 03:26:10

補足

井上訳の「時間」を「時の流れ」としたところに月日の移ろいを感じますね。

投稿日時 - 2017-12-08 15:00:34

お礼

早速の翻訳をありがとうございます。

投稿日時 - 2017-12-08 14:59:01

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)