こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

業間取引という単語の使い方について

中古車販売業界で業間取引(業者間取引)という言葉を使う場合、
相手の中古車販売店から卸売価格で車やパーツ等を購入したという時以外に
何か使うケースはありますか。

投稿日時 - 2017-12-19 15:09:07

QNo.9409501

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 不動産業界でも「業者間取引」というのはありますが、単に「安く」というだけではなく、何か問題がおきた時に責任割合を決めるというか、売主の責任を軽くするためにも、「それは業者間取引だから」と言います。

 「業者間取引なんだから、アンタもプロ。自分自身で調べないほうが悪い!」と言われたことがあります。

 普通の取引同様に、仲介業者に100%の報酬を払い、「○○は大丈夫、××も大丈夫、・・・ 全部点検済みです」と言われて買ったのに、雨漏りは直っていなかったし、面積不足だったのですが、「仲介業者を信じたオマエが悪い」的なことを言われて唖然としました。

 だったら最初から、「チェックは同業者であるこちらでするから」と言って報酬を折半すればよかった、と思ったのですが、後の祭りでした。

 ほかに、いまどうなっているか見ていませんが、業者間だと、取り扱い業務内の商品が送りつけられてきたとき、直ちに「いらない」と言わないと買ったことになりましたよね。

 商事の場合の法定利息も6%(ふつうは5%)だったし。

投稿日時 - 2017-12-19 16:43:37

お礼

私が思っていたのと違って別の視点から捉えているのですね。
そういうことですか、、、具体的な例もとてもよく分かりました。
これで理解できました、ご丁寧に回答していただきありがとうございました。
心より感謝もうしあげます。

投稿日時 - 2017-12-19 23:35:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)