こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

09年の新型インフルエンザで、感染率について

2009年にWHOがパンデミック警告を出した新型インフルエンザ問題の時、日本とアメリカで感染率に違いはありましたか?あるいは世界で感染率の低い国や地域などはあったのでしょうか?

投稿日時 - 2018-01-26 07:19:16

QNo.9422341

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

2009年の時はいわゆる豚インフル(H1N1)ですね。当時アメリカにいました。
実感から言うとアメリカでまともな統計があるように思えません。実際WTOのサイトを見ても、地域ごとに定性的な記述があるだけで、また時間とともに状況が変わるので感染率と言うようなレベルの統計が見当たりません。
http://www.who.int/csr/disease/swineflu/updates/en/

アメリカでまともな数値が無いような気がしているのは、当時日本で非常に厳しい感染防止体制が取られていたのに対してアメリカでは豚インフル(Swine Flu)は話題にはなっていましたが予防という意味ではあまり気にしていなかったから。知り合いでも家族がかかった何ていう話をチョロチョロ聞いてましたが、同じ頃日本では感染者が見つかるとニュースになって病院で隔離されていたし、感染地域からの帰国者は一旦検査を受けるまでは会社に来ては行けないと言うルールまでありました。一方アメリカの私の会社では豚インフルが蔓延して参加者からも感染者が出た南米での会議に出席して帰国した社員がそのまま出社しそうになったので、医者に行って検査してから来いと言ったところ、会社の規定では、症状がなければ医者に行けとか出社NGとかどこにも無く、結局そのまま出社してきました。
豚インフルの空気感染を防ぐのにN95と言う目の細かいマスクでないと行けないと言うので、早々に買い込んで出張者たちに機内用に持たせようとしたところ、「豚インフルくらいで死にゃしないよ。日本人は臆病だ。」と言われたので部下を集めて「お前らのためじゃなくて、蔓延を防ぐためだ。社内で広がったらどれだけ損失が出ると思ってるんだ。」と説教したこともありました(笑)
豚インフルじゃなくても通常のインフルでも、治りきっていないうちに会社に出てきちゃうんですよね。多分、日本みたいに人口密集してないのと満員電車で通勤しないので、意識が低いんでしょう。その代わり気にする人はインフルの季節は挨拶でも断って握手をしない人もいるし、握手した後手を洗う人もいます。いずれにせよ随分感覚が違います。

投稿日時 - 2018-01-26 09:30:56