こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

何でシンクライアントPCは普及しなかった?

低性能PCでもネット経由で自宅や業者のサーバー上の高性能機を動かせると言っていたアレです。
何で全く普及せずに消えたんでしょう?

投稿日時 - 2018-02-12 17:18:03

QNo.9428343

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

使われるコンテンツのデータ量が、肥大化したためです。

昔のテキストや写真程度のインターネットであれば、シンクライアントや今のネットワークでもいくらでも動かせますが、動画のような巨大なデータには、シンクライアントでは端末側の能力が足りなくなりますし、サーバー側の負荷も大きくなってしまいます。

また、パソコンの単価も下がっているので、わざわざシンクライアントを作る意味がなくなって着たというのもあります。
(通常のパソコンをシンクライアントとして使うことも可能ですからね。)

なので、業務系のシステムなどは、クラサバとして、処理はサーバーが行い、クライアント側は入力と表示だけ。なんていう、シンクライアント型のネットワークで動いているものが多いです。

投稿日時 - 2018-02-13 11:10:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

MS-DOSのころに「MS-NET」って出たり、NetWare出たり、Windows1 とか Windows2(日本に上陸してなかった)ころ、ソフトウェアの日本語化に半年かかって、ネットワークって考え方が1年ぐらい遅かったと思う。

このころ、シンクライアントってのが出たけど、けっして安くなかった。
パスワード無しで管理者になれるWindows95・・・が重宝した。

海外の映画とか見てると、ディスプレイとキーボードだけだもんね。ついでに侵入して、サーバーにログインして・・このとき「シンクライアント」を使ってるね。

いま、企業や自治体で、シンクライアントでサーバー管理・・・いいねー

あ、決してAIに管理させてはだめ。仕事がなくなる。

投稿日時 - 2018-02-13 09:32:18

ANo.3

消えてませんけど。
PC紛失や盗難によるデータ漏洩の畏れが無いので、そういう事を気にする企業では使われています。まだまだコスト高なので、導入企業は少ないと思いますが、働き方改革でオフィス外での業務が増え、携帯5Gが普及すると、より普及が進むかもしれません。
企業内設置で導入が進まないのはクライアントとサーバー両方必要なためのコスト高やLAN速度、企業や個人のモバイル用途で進まないのは回線の安定性と回線速度、回線費用でしょう。

投稿日時 - 2018-02-12 17:54:56

ANo.2

まだ早かった・・・。
回線やサーバーが追い付かなかったのでしょう

その代わりに「クラウド」サービスが今は普及しました
クラウドサービスはシンクライアントへの過渡期と言えなくもないです
なので「普及せずに消えた」のではなくて「形を変えて成長中」かもしれません
そのうち真のシンクライアントも普及するかも。

投稿日時 - 2018-02-12 17:42:07

CGのレンダリングファームなんかは利用が拡大してますね。
特殊計算する場合を除いて通常利用のPCの性能が十分になったからでしょう。

投稿日時 - 2018-02-12 17:24:10